【高濃度】植物性メラトニン10mgは、【他のメラトニンは3mg/粒】欧米や東南アジアでは学生から主婦、サラリーマンまで必須の快眠サプリメント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

【他のメラトニンは3mg/粒】欧米や東南アジアでは学生から主婦、サラリーマンまで必須の快眠サプリメント。「高濃度」10mgが配合されたメラトニンです。
有効成分:メラトニン10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱44804480
2箱34906980
3箱31279381
5箱277613880

商品の詳細

1錠あたり植物性メラトニン「高濃度」10mgが配合されたメラトニン【他のメラトニンは3mg/粒】で、欧米や東南アジアでは学生から主婦、サラリーマンまで必須の快眠サプリです。
メラトニン10mgは、体内時計をつかさどる脳内に作用し、睡眠覚醒リズムを調節する働きがある成分で、睡眠薬ではありませんので睡眠薬にありがちが副作用、離脱症状などはございません。
動物、植物、微生物に存在するホルモンであり、N-アセチル-5-メトキシトリプタミンを有効成分として含有しています。
メラトニンはFDA(米国食品医薬品局)によるとサプリメントに分類されており、広義では医薬品ではありません。
一部の国々では徐放化製剤が医薬品として用いられていますが、効果はまだ検討されている段階です。
日本国内では、メラトニンそのものの医薬品は販売されていませんが、メラトニン受容体に働きかける医薬品は「ロゼレム」という商品名で販売されています。
ヒトでは、メラトニンは松果体とよばれる、脳の中心部にある小さな内分泌腺によって分泌されています。
松果体におけるメラトニンの生合成は、網膜が光を受けることによって阻害され、暗闇によって促進されます。
日中、太陽光などの強い光を浴びることによってメラトニンの分泌は減少しますが、夜暗くなってくると分泌量が増え、脈拍・体温・血圧などを低下させて睡眠の準備を行うことで、自然な睡眠を引き起こすのです。
夜勤や三交代などの不規則な生活が続いたり、太陽光を浴びない生活を続けたりすると、メラトニンの分泌がうまく行われず、概日リズムの調節がうまくいかなくなってしまいます。
メラトニンの量が減少すると、不眠症などの睡眠障害を引き起こしてしまうのです。
その他にも、強力な抗酸化物質としての役割を持っており、核DNAやミトコンドリアDNAを保護することによって、老化の抑制やアンチエイジングの作用も期待されているのです。
また、メラトニンは血液脳関門を通過することがわかっており、これらの効果は脳内においても発揮されることが示唆されています。
免疫機能を高めることも知られており、抗体の産生や胸腺の働きを高めることによって、リンパ球の活動を促進したり、NK(ナチュラルキラー)細胞の活動を活性化させたりすることから、抗がん作用も期待されています。

ご使用方法

期待できる効果および用法・用量は下記の通りです。
メラトニンは不眠の改善効果が期待されているため、サプリメントとして用いることが一般的です。
就寝のおよそ1時間前に、メラトニンを摂るようにしてください。
大人の場合は通常3㎎から、小児の場合は1㎎から開始してください。
(小児に対する使用経験は十分ではないので、14歳以下の小児が服用する際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
) 不眠の程度がひどい場合には、5~20mg程度まで増量して服用をしてください。
また、就寝前後(特に22時から2時の間)に、強い光や電磁波を浴びると、メラトニンの生成が大幅に低下することが分かっています。
これらの時間帯にはテレビやスマートフォン、パソコンなどはなるべく使用しないようにしましょう。
効果はすぐに現れる場合もありますが、継続して使用することで効果を発揮すると考えられています。
副作用の発現を観察しながら、定期的に服用を続けるようにして下さい。
副作用副作用としては「頭痛、眠気、倦怠感、吐き気、腹痛、下痢」などが報告されています。
重大な副作用としては「悪夢、低血圧、生殖機能の退化」などが報告されており、これらの症状を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
肝疾患を有する方、又はその既往歴のある方、機能障害のある方やご高齢の方では、血中濃度が高なる可能性があるので、薬剤の減量等を考慮して下さい。
SSRIなどの抗うつ剤やハロペリドールなどの抗精神病薬、ゾルピデムなどのベンゾジアゼピン系薬を服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので本剤を服用する際には医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) 妊娠又は妊娠している可能性のある婦人および授乳婦については、使用経験が十分でないので、、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
眠気が出る場合があるので、自動車運転をされる方や高所作業に従事している方は、十分に注意をするようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.