アイピル3箱+吐き気止めセットは、世界中で広く使用されている緊急避妊薬「アイピル」3箱と、アフターピルの副作用として出やすい吐き気を防ぐ「ナウゼリン」のジェネリック薬のセットです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

世界中で広く使用されている緊急避妊薬「アイピル」3箱と、アフターピルの副作用として出やすい吐き気を防ぐ「ナウゼリン」のジェネリック薬のセットです。アイピルは性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。
有効成分:Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg、Domperidone(ドンペリドン)10mg

セット数1箱あたり通常価格 
1箱52805280

商品の詳細

当セットはモーニングアフターピルの人気商品アイピル3箱と、婦人科でも処方される吐き気止め(制吐剤)ナウゼリン1箱のセットです。
人気のアイピルは性行為の後に飲む緊急用のモーニングアフターピルで、【妊娠中絶手術】より安全性が高い、経済的な負担も低い妊娠回避方法です。
避妊に失敗したセックスから72時間以内に服用すると妊娠を防ぐことができます。
ドンペリドン(ナウゼリン)は胃腸の機能を改善するお薬で、吐き気(嘔吐)をおさえたり、胸焼け、食欲不振、など、消化器官の働きを改善します。
アフターピル服用時の吐き気止め、ノロウイルス感染による吐き気止めなどにも処方されます。

ご使用方法

アイピルは避妊に失敗した性交後72時間以内に1回1.5mg服用して下さい。
早ければ早いほど避妊成功率が高まりますので、自宅やカバンの中に常備すると安心です。
服用後の吐き気を避ける為に、食後の服用をお薦めします。
服用してから3時間以内におう吐した場合は効果が期待できない可能性があります。
医師にご相談下さい。
成人の場合、1日に3回、食前に服用してください。
(1日1錠:10mg)副作用について下痢や腹痛、眠気やめまいなどが報告されています。
避妊ピルの作用もいわば、妊娠しているかのようなホルモンバランスを作ることなので、アイピルと同じです。
しかしアイピルは緊急用として成分の配合が濃くなっているので、身体への負担は避妊ピルより重く、次のような副作用がでることがあります。
吐き気がする(実際に吐いてしまうこともしばしばあります)。
服用後数日間、胃炎や消化不良の症状がでる。
身体がだるくなる。
不正出血がある。
頭痛がする。
お腹や胸に痛みがある。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.