アキュプリル(塩酸キナプリル)10mgは、高血圧の治療薬でACE阻害薬に属する有名なお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

高血圧の治療薬でACE阻害薬に属する有名なお薬。
有効成分:塩酸キナプリル 10mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱40804080
2箱29405880
3箱25277581
5箱205610280

商品の詳細

血圧を下げるお薬です。
いろいろな種類がある降圧剤のなかでACE阻害薬に属するお薬で、高血圧の治療の第一選択薬になっています。
血液の水分量を調節して心臓や腎臓の負担を減らす効果もあります。
日本ではアキュプリルと同じ塩酸キナプリルを成分とするお薬にコナン錠(田辺三菱製薬)があります。
高血圧症の多くは原因が不明ですが、塩分の取りすぎや運動不足などの生活習慣も関係しています。
自覚症状はほとんどありませんが、放置すると動脈硬化の進行が早くなり、将来心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクが高くなります。
肥満や高脂血症、高血糖値が併発するメタボリックシンドロームになるとそのリスクはさらに高くなります。
アキュプリルはACE阻害薬と呼ばれるお薬で、血管を収縮するアンジオテンシンⅡというホルモンの生成を抑えて血圧の上昇を防ぎます。
効果が確実で副作用が少ないので降圧剤の第一選択になっています。
身体の水分を調節する作用もあるので、狭心症や腎臓病の治療にも使用されます。
糖尿病や心不全、腎臓病を併発している人の血圧コントロールにはとくに適したお薬です。
安全性が高いので血圧の長期コントロールに向いています使用方法 目安として、利尿剤を使用していない場合:1日1回10㎎から始め、症状に合わs手服用量を倍に増やし、1日あたり20~40㎎を1回か、2回に分けて服用。
これを維持します。
服用量を増やす場合は4週間は間を空けて行い、1日の最大服用量は80㎎とされます。
利尿剤と併用している場合:1日5㎎以下から服用開始し、徐々に増量します。
服用をし忘れた場合は次回分から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 じんましん、発疹、BUNの上昇、血清クレアチニンの情報、赤血球の減少、ヘモグロビンの減少、リンパ球の減少、めまい、ふらつき、下痢など。
副作用は上記に限りません。
腎機能障害がある人、心不全治療中の人の服用法は医師との相談のもと注意して行います。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.