アクトス15mgは、2型糖尿病の治療薬は種類が豊富で、様々な作用のお薬があります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

2型糖尿病の治療薬は種類が豊富で、様々な作用のお薬があります。その中でも、インスリンの効きが良い体を作ることで血糖値を下げるタイプの治療薬「アクトス」の海外製品版です。アクトスは武田薬品工業で有力な薬剤のひとつで、世界的なシェアを占めています。インスリンに頼らない薬効も魅力のひとつです。
有効成分:Pioglitazone(ピオグリタゾン)15mg


セット数1箱あたり通常価格 
1箱1353013530

商品の詳細

同じ有効成分(塩酸ピオグリタゾン)を含む他の医薬品 ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mg – 996円(1箱)~アクトス45mg – 6398円(1箱)~ アクトス15mgは新しいタイプのⅡ型糖尿病のお薬先天的にインスリンの分泌が不足しているⅠ型糖尿病は、インスリン投与で血糖値をコントロールしなければいけません。
しかし、糖尿病の患者の大部分をしめる生活習慣や肥満が原因のⅡ型糖尿病は、インスリン投与だけではない新しい考え方のお薬がでてきました。
Ⅱ型糖尿病は遺伝的要素に長い間の生活習慣が加わって、インスリンの分泌が不足しているか、分泌されたインスリンが効きにくくなっている病気です。
これを治療する薬にはインスリンを注射などで補う インスリンの分泌を高める インスリンの働きをじゃまする抵抗を取りのぞく という3つのタイプがあります。
これまでは1のインスリンを補う治療が中心でしたが、最近は23の薬も併用されるようになってきました。
食事療法とインスリン投与の効果がじゅうぶんでない場合は、2または3のタイプのお薬で症状の改善が期待できます。
アクトス15mgは3のタイプのお薬で、インスリン抵抗改善薬とよばれています。
肥満とインスリン抵抗はニワトリと卵の関係ニワトリが先か卵が先かは考えても結論はでませんが、これによく似ているのが、肥満がインスリン抵抗を高めるのか、インスリン抵抗が高いから肥満するのかという問題です。
どちらにしてもインスリン抵抗が高いと、肥満や血管障害が進行して、メタボリックシンドローム(生活習慣病)や糖尿病になりやすくなります。
Ⅱ型糖尿病の患者にインスリン抵抗の高い人が多いのはそのためです。
アクトス15mgはインスリン抵抗性を改善アクトス15mgの成分塩酸ピオグリタゾンは身体のインスリンに対する感受性を高めるはたらきがある、インスリン抵抗改善薬です。
アクトス15mgをのむことで、自然に分泌されるインスリンが効率よくはたらくので、インスリンの投与を減らすことも期待できます。
メタボリックシンドロームはインスリン抵抗性症候群ともよばれます。
インスリン抵抗性が高いと高血糖だけでなく、高脂血症や高血圧をまねきやすく生活習慣病が悪化しやすいからです。
食事療法をしながらインスリン抵抗改善薬を使用することで、メタボを改善することが期待できます。
上手なカロリーコントロールで不満のすくない食生活を糖尿病の治療ではカロリー制限による不満がたまらない食事療法の工夫がたいせつです。
これまではおもに「総カロリーの制限」に注意がはらわれていましたが、最近は次のような食事法が血糖値の急激な上昇と肥満を予防するとして注目されています。
食事の品目の炭水化物の割合を減らす―ご飯や麺類の量を減らすことで血糖値の急激な上昇が防げるので、肉や揚げ物などいわゆるカロリーの高いものも食べてもよくなる。
野菜など食物繊維を含む食品を先に食べる―総カロリーは同じでも野菜などを先に食べることで、血糖値の急激な上昇をおさえることができる。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.