アシビル200mg10錠(ゾビラックス)は、アシビル200mg10錠はゾビラックスのジェネリックです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

アシビル200mg10錠はゾビラックスのジェネリックです。ヘルペスや帯状疱疹治療の特効薬で成分はアシクロビル。病院で処方され副作用も少ない抗生物質です。
有効成分:アシクロビル200mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
2箱14902980
3箱11603480
5箱8364180

商品の詳細

ヘルペスの治療薬で有名なゾビラックスジェネリックは、抗ウイルス治療薬に分類されるお薬です。
国内では 「ゾビラックス」という薬剤名で1988年より販売されており、経口で服用する錠剤や顆粒タイプと、患部に直接塗るクリームや軟膏タイプが販売されています。
有効成分としてアシクロビルを200mg配合しており、口唇・性器ヘルペスなどの原因となるウイルスの増殖を抑えます。
一度罹れば再発しやすいのが特徴のヘルペスですが、症状が現れる前や症状が出ても早めにアシクロビル使うことで症状の悪化を防ぐことができます。
ゾビラックスジェネリックは同じ有効成分アシクロビルを配合しており、ジェネリック医薬品のためお財布に優しい価格設定となっています。
ヘルペスウイルスには大きく3種類があります。
単純ヘルペスウイルス1型に分類されるのが口唇ヘルペスや角膜ヘルペスなど、主に上半身に感染するウイルスを指します。
単純ヘルペスウイルス2型に分類されるのが性器ヘルペスなど主に下半身に感染するウイルスです。
そして、帯状疱疹や水ぼうそうを引き起こす水痘・帯状疱疹ウイルスがあります。
いずれも細菌とは違うウイルスに分類され、感染力が高いのが特徴です。
口元がムズムズ・チクチクするのが口唇ヘルペスで、水ぶくれができたり熱がでたりする症状が見られます。
性器にかゆみやヒリヒリとした痛み、水ぶくれや赤いブツブツがでるのが性器ヘルペスで、性行為によって感染することが多いことから、性病の一つとして広く認知されています。
帯状疱疹はヘルペスと似たような症状がでますが、その違いとして、帯状疱疹の場合体の右半身か左半身のどちらかに水ぶくれが生じます。
また、帯状疱疹に初めて感染した時は、水ぼうそうとして発症するのも特徴の一つです。
何度も再発するヘルペスに対し、帯状疱疹は一度罹れば再発することがない病気です。
ゾビラックスジェネリックはこの3つのヘルペスウイルス(口唇ヘルペス・性器ヘルペス・水痘帯状疱疹ウイルス)の増殖を抑える作用を有しています。
こちらは人間の症状の治療薬ですが、ペットにも効果が認められていますのでペット用での使用法や容量については獣医師とご相談ください。

ご使用方法

注意点効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
適応症や年齢により用法用量は異なります。
単純ヘルペスに対しては成人の場合、ゾビラックスジェネリックを1日5回、1回1錠(200mg)を服用します。
帯状疱疹の場合は1回4錠(800mg)を1日5回服用してください。
食前より食後の服用が望ましく、毎食後に加えて夕方・就寝前の5回を目安に1日5回服用してください。
小児の場合、1回の服用量を1kgあたり20mgになるように調整して服用してください。
ただし、1回の最高用量は200mgまでと上限が設定されています。
また、小児の性器ヘルペスの再発抑制目的で服用する場合、体重40kg以上に限り服用が可能です。
腎臓系の疾患をお持ちの方は、精神神経系の副作用(意識障害、幻覚、けいれん等)が現れやすいことが分かっています。
必ず主治医や専門医に相談の上で服用を検討してください。
肝臓系の疾患をお持ちの方やご高齢の方もお薬が効きすぎることが分かっています。
かかりつけ医に相談の上で服用量を調整してください。
発病初期に近いほど効果が期待できるため、なるべく早く服用するのが大切です。
特に帯状疱疹の場合、原則として症状が現れてから5日以内に服用してください。
また、帯状疱疹の治療のために7日間ゾビラックスジェネリックを服用しても症状が改善しない場合、他の治療への切り替えを検討してください。
飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点ですぐに1回分を服用してください。
ただし、次の服用時間が近い場合は服用せずに、その後の決められた時間から服用してください。
一度に2回分を服用することは大変危険です。
効果が高まることはありませんので、用法用量を守って正しく服用してください。

副作用

副作用としては「腹痛、下痢、貧血、血球数異常、肝腫大、肝機能検査値異常」などが報告されています。
特に、重大な副作用としては「アナフィラキシーショック、呼吸困難、血管浮腫、意識障害、昏睡、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
禁忌は「本剤の成分あるいはバラシクロビル塩酸塩(バルトレックス)に対し過敏症の既往歴のある方」とされています。
肝疾患を有する方、又はその既往歴のある方は、肝障害が発現又は増悪する恐れがあるので、投与する場合は定期的に肝機能検査を実施するようにして下さい。
腎機能障害のある方やご高齢の方についても、薬剤の減量等を考慮して下さい。
プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンを服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) このお薬では動物実験において大量投与をした際に、胎児に頭部及び尾の異常が認められているので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
過剰に使用した場合、腎臓の働きが落ちている方、高齢の方などは注意が必要です。

副作用

および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.