アシビル400mg(ゾビラックス)は、ヘルペス治療薬ゾビラックスのジェネリック薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ヘルペス治療薬ゾビラックスのジェネリック薬!繰り返す厄介なヘルペスに早めの服用を。口唇ヘルペスは体調の悪化、ホルモンバランスの変化などですぐ再発しますので、兆候が出たらすぐにゾビラックスです。
有効成分:アシクロビル(Acyclovir)400mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱59805980
2箱44908980
3箱399311979

商品の詳細

ゾビラックスジェネリック400mgは、性器ヘルペス、口唇ヘルペスを治療する抗ヘルペスウィルス薬「ゾビラックス」のジェネリック医薬品です。
性器ヘルペス、口唇ヘルペスのほかに、水ぼうそうや帯状疱疹にも効果があります。
アシビルは有効成分としてアシクロビル400mgを含有する抗ヘルペスウイルス薬です。
主に単純疱疹・帯状疱疹・水疱などヘルペスウイルスの感染症による症状をウイルス増殖を抑制することで改善、根治します。
商品名ゾビラックスのジェネリック医薬品で、先発品と同等成分・効果でありながらより安価で購入することができます。
抗ヘルペスウイルス内服薬は高価な薬剤であるためジェネリック医薬品はかなりの価格差があるのでお得です。
ヘルペスウイルス感染症は主に単純ヘルペスウイルス1型による口唇ヘルペス・単純ヘルペスウイルス2型による性器ヘルペス(単純疱疹)と水痘・帯状疱疹ウイルスによる帯状疱疹であることが多いです。
単純疱疹は患部周囲に水ぶくれや発赤がぽつぽつと現れ、帯状疱疹は身体の知覚神経の部分に発症して身体の片側の神経に沿って帯状に渡り大量の水ぶくれや発赤が現れ神経痛を伴います。
ウイルス細胞は自身のDNAを複製していくことで増殖をしますが、複製するにはDNAポリメラーゼという酵素が必須です。
アシビルの有効成分であるアシクロビルはウイルス感染細胞内で活性化してこのDNAポリメラーゼを阻害してウイルスDNAの鎖の伸長を停止することでDNA複製を抑制してウイルスの増殖を止めます。
ヘルペスウイルスは一度感染したらその後ずっと体内に潜伏します。
普段は体内にある免疫システムがウイルスと戦っているので発症しませんが、疲れが溜まっている場合や風邪を引いている場合は免疫が低下してヘルペスのウイルスが活発になり唇周りにヘルペス症状が出やすくなります。
そのため免疫力低下時にヘルペスが発症しないようにと造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症の発症抑制目的や性器ヘルペスの再発抑制目的など予防的使用にも効果があり保険適用されています。
発症したら早めに服用を開始すればするほど経過が良いので、少しでもヘルペスの予感があればなるべく早くゾビラックス(またはバルトレックス)服用を開始することが大切です。
72時間以内に服用で感染症の重症化を防ぐことができると言われています。
こちらは人間の症状の治療薬ですが、ペットにも効果が認められていますのでペット用での使用法や容量については獣医師とご相談ください。

ご使用方法

1日2回、アシクロビルとして1錠(400mg)を、4~5日服用します。
口唇ヘルペスの場合、ゾビラックスクリームなどヘルペスのぬり薬の抗ウィルス薬と併用すると治りが早くなります。
年に4~5回以上再発するときは、再発抑制剤として予防のためにアシクロビルを服用することもできます。
年齢や身体の状態により適宜増減することがあります。
有効成分アシクロビルは薬効が持続する時間が短いため服用回数がやや多めです。
服用期間は単純疱疹の場合は5日~、帯状疱疹や水ぼうそうの場合は7日~10日ほどであることが主ですが、治癒の経過や身体の状態によって異なります。
食事の影響はほとんど受けませんが胃への負担や飲み忘れが気になるのであれば食後服用を推奨します。

副作用

アシクロビルの副作用は比較的少ないですが、頭痛、腹痛下痢といった消化器症状、発疹などの皮膚症状、めまい、眠気、頭痛、光線過敏症などが報告されています。
軽度であればさほど心配いりませんが、日常生活に支障が出るほどの症状が出たら服用中止してすぐ受診してください。
また滅多に起こりませんが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック、間質性肺炎、急性腎不全、血液障害、意識障害、精神神経系症状などが報告されています。
嘔吐、息苦しさなど上記同様身体に何らかの明らかな異常が起こった場合はすぐ受診してください。
有効成分アシクロビル及びバラシクロビルでアレルギーを起こしたことがある方は禁忌になります。
また腎障害、肝障害、高齢者、妊婦、授乳中の方は服用に慎重な注意が必要です。
また痛風治療薬のプロベネシドや胃薬のシメチジン、喘息治療薬のテオフィリンなど飲み合わせがあまり良くない薬が幾つか存在するので、何らかの疾患で服薬治療中の方はアシビルを服用する前に医師か薬剤師に相談してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.