アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠は、アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です。また、ファイザー社が製造販売しているジスロマックのジェネリック薬になりますので、安くお買い求めいただけます。ジスロマックは、日本でも医薬品として認可が下りています。細菌感染による咽頭・喉頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなどによる肺炎、性感染症の1つの原因であるクラミジアなどに効果があります。
有効成分:Azithromycin(アジスロマイシン)100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱39803980
2箱29405880
3箱24277281
7箱185412978

商品の詳細

同じ有効成分(アジスロマイシン)を含む他の医薬品 アジー1000mg (ジスロマックジェネリック) – 2238円(1箱)~アジー250mg(ジスロマックジェネリック) – 699円(1箱)~ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ) – 597円(1箱)~ジスロマック細粒(ドライシロップ) – 3062円(1箱)~ジスロマック・ジェネリック100mg(シロップタイプ) – 597円(1箱)~ 全て表示 アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠剤 – 3176円(1箱)~ ▲隠す 商品詳細アジー100mgは、有効成分としてアジスロマイシン100mgを含有するジスロマック100mgのジェネリック医薬品です。
1錠にアジスロマイシン1000mgが配合されたアジー1000mgの場合は、淋病・クラミジアなどの治療に1錠の服用で効果を発揮します。
アジーは「マクロライド系抗生物質」という分類のお薬で、医療用医薬品では「ジスロマック」という商品名で用いられているお薬です。
現在日本で発売されているマクロライド系抗生物質の中でも比較的新しいお薬であり、効果についても定評があるお薬です。
アジーに含まれている「アジスロマイシン」という成分が細菌の70Sリボソームの50Sサブユニットという部分に結合することで、たんぱく質の合成を阻害して、抗菌作用を示します。
アジスロマイシンは従来のマクロライド系抗生物質よりも広い抗菌スペクトルを有していることが特徴です。
風邪における咽頭炎や急性気管支炎に加えて、尿道炎や子宮頚管炎、性器クラミジアや淋病などの性感染症(STD)などにも有効であることがわかっています。
その他にも、呼吸器や耳、鼻、皮膚の症状などにも処方されることが多い抗生物質です。
このお薬の基本的な用法は、1日500mgを1日1回、3日間経口投与することとなっています。
外国の臨床における体内動態試験の成績から、アジスロマイシン500mgを1日1回3日間経口投与することにより、感受性菌に対して有効な組織内濃度が約7日間持続することが予測されています。
従来のマクロライド系抗生物質では、は1日2回を7日間連続で服用する必要があったので、患者様にとってもかなりメリットがあるお薬なのです。
治療開始から4日目以降においても効果が実感できない場合には、ジスロマックの成分アジスロマイシンが効かない菌種である可能性があるので、医師に相談するなどその他の治療方法を検討するようにして下さい。
また、抗生剤全般に言えることですが、ウイルス性の疾患には効果を発揮することが出来ないので、ご注意ください。
アレルギーを起こすことも少ないので、ペニシリンやセフェム系抗生物質に対してアレルギーをお持ちの方でも、服用が可能です。
また、類薬であるクラリスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質では、薬の飲み合わせによる相互作用が問題となることが多いですが、アジー(ジスロマック)では飲み合わせの悪い薬剤は比較的少ないことがわかっています。
アジスロマイシンの適応菌種は、「アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌(骨盤内炎症性疾患の適応症に限る)、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属」とされています。
適応症は、「深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎」とされています。
同成分の国内商品ジスロマック 商品名:ジスロマック錠 製薬メーカー:ファイザー製薬 有効成分:アジスロマイシン服用方法用法及び用量は、下記のとおりです。
「深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎」の場合・・・成人にはアジスロマイシンとして、500mgを1日1回、3日間合計1.5gを経口投与する。
ジスロマックは犬・猫の感染症にも処方されるお薬です。
ペット用については使用方法の最下部をお読みください。
「尿道炎(淋病・クラミジア)、子宮頸管炎」の場合・・・成人にはアジスロマイシンとして、1000mgを1回経口投与する。
ジスロマックの服用を途中でやめてしまうと、薬の効果が低下したり耐性菌が発生する可能性がありますので、飲み忘れのないようにしてください。
飲み忘れた場合、服用してから1日以内に気が付いた場合であれば、すぐ1回分を服用してください。
一度に2回分を飲まないようにしてください。
誤って多く服用した場合は、聴力障害(声や音が聞こえにくい、耳鳴り)や消化器症状(下痢や腹痛、吐き気、嘔吐)があらわれる可能性があります。
このような症状が現れた場合は、医師の診察を受けるようにしてください。
服用タイミングは問いませんので食前、食後いつでも構いません。
アジスロマイシンを服用してから2~4週間は様子を見るようにしてください。
お子様の服用は成人と服用量が異なりますので、医師とご相談ください。
ジスロマックを犬、猫に投与する場合の目安は以下となります。
犬の場合は体重1kgにつき1日に1回5~10mgを投与します。
これを7日間継続します。
猫の場合は体重1kgにつき1日に1回5~15mgを投与し、これを7日間継続します。

副作用

アジスロマイシンの副作用としては「下痢、嘔吐、ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、腹痛」などが報告されています。
まれに「ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、肝炎、間質性肺炎」などの重症な副作用を起こすこともわかっているので、ジスロマック服用に際しては注意をするようにして下さい。
制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム)やワルファリン、シクロスポリン、メシル酸ネルフィナビル、ジゴキシンを投与中の患者様については、併用に注意をするようにして下さい。
心電図によるQT間隔の延長がみられる方や、重篤な腎機能低下がみられる方においては、慎重に使用をするようにして下さい。
ジスロマックの服用に関して妊婦または妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
また、意識障害などが現れることもあるので、自動車の運転や危険な機械や高所作業については、十分に注意をするようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.