アスタリン(サルブタモール)4mgは、ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です。発作が起きたときに服用すると、すみやかに効いて呼吸を楽にします。発作の予防薬ではありません。喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にも使われます。
有効成分:サルブタモール 4mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱21802180
3箱8932679
5箱5962980
7箱4543178

商品の詳細

ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です。
発作が起きたときに服用すると、すみやかに効いて呼吸を楽にします。
発作の予防薬ではありません。
喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にも使われます。
日本ではアスタリンと同じ成分のお薬にベネトリン(グラクソ・スミスクライン)、アイロミール(大日本住友製薬)などがあります。
ぜんそくは気管支の気道が炎症を起こして狭くなる慢性の気管支炎です。
発作時にはとくに気道がけいれんして細くなるので、ゼーゼー・ヒューヒューという特有の呼吸音がして非常に息苦しくなります。
ぜんそくの人はふだんから気管支が炎症しているので、発作の予防には炎症をしずめるお薬が使われます。
発作が起きたときは気管支を広げる作用のある吸入薬や頓服薬が使われます。
アスタリンはぜんそく発作時の呼吸困難を楽にする気管拡張剤の頓服です。
薬の作用時間は5時間前後です。
成分のサルブタモールが気管支の平滑筋にある交感神経に作用して、けいれんをおさえて気管支を広げます。
他の気管支拡張剤に比べて心臓への悪影響が少ないのが特徴です。
長年喫煙している人に発症しやすい慢性閉塞性肺疾患(COPD)は慢性気管支炎と進行性の肺気腫が併発する病です。
アスタリンはその気管支症状の改善に効果があります。

ご使用方法

目安として成人の場合1日に3~4回、1回当たり4㎎を服用します。
症状によって1回当たり2~8㎎を1日3,4回まで増量できます。
高齢者の場合は、1日3~4回、1回当たり2㎎を服用。
12歳以上の場合は、1日3~4回、1回当たり2~4㎎を服用。
子供の場合は、1日3~4回、1回当たり2㎎を服用。
幼児の場合は、1日3~4回、1回当たり1~2㎎を服用。
服用をし忘れた場合は次回分から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、発疹、眠気、食欲の不振、嘔吐、口の渇き、下痢、発汗など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.