アタラックス 25mgは、じんま疹や湿疹などのアレルギー症状や精神の鎮静作用がある塩酸ヒドロキシジンを25㎎配合した、抗ヒスタミン薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

じんま疹や湿疹などのアレルギー症状や精神の鎮静作用がある塩酸ヒドロキシジンを25㎎配合した、抗ヒスタミン薬です。また、中枢神経に作用して、緊張や不安感を和らげる作用もあるので、睡眠導入剤としても使用可能です。
有効成分:塩酸ヒドロキシジン


セット数1箱あたり通常価格  
1箱35803580
2箱22904580
3箱18605580
5箱15767880

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
アタラックスは、アレルギー症状の抑制と、精神の鎮静作用を同時に行うお薬で、つらい湿疹、じんましんが原因で、眠りにつけないほどのかゆみにも効果を発揮する抗ヒスタミン薬の代表です。
アタラックスの成分セチリジンは抗ヒスタミン効果でアレルギー症状を緩和する以外にも、「中枢神経」に作用して緊張や不安感を和らげる効果もあり、就寝前に服用して睡眠導入剤として安眠のために服用することもできます。
画期的な抗ヒスタミン薬であるアタラックスは、様々なアレルギー様症状を抑える薬です。
抗アレルギー性緩和精神安定剤に分類され、日本では1981年に承認されて以降多くの患者さんに投与されています。
最大の特徴は、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎・皮膚瘙痒(そうよう)症などによりかゆみを抑えるだけではなく、おだやかな作用で不安や緊張感を和らいでくれることです。
かゆみなどで夜寝られない時、皮膚科などで処方されることが多いお薬です。
ヒスタミンとはアレルギーを誘発する原因となる物質(ケミカルメディエーター)で、アタラックスはこのヒスタミンの分泌を抑える働きを持っています。
また、作用機序については解明されていませんが、アタラックスには吐き気を抑えたり、痛みを和らげたりする作用も報告されています。
蕁麻疹などのアレルギー症状以外にも、神経症における不安・緊張・抑うつにも効能があります。
症状に応じて服用する用量が異なるため、用量には注意が必要です。
アタラックスにはヒドロキシジンという有効成分が配合されていますが、ヒドロキシジンは体内で代謝された後、セチリジンという物質に変換されます。
このセチリジンを有効成分として配合した「ジルテック」も同じく抗ヒスタミン薬として販売されています。
医師の処方箋が必要な医療用医薬品のため、服用に際して注意が必要です。
先天性又は後天性のポルフィリン症の方、妊娠中の方は服用いただけません。
妊娠中の方はアタラックスの服用により、胎児への悪影響が報告されています。
また、てんかん、緑内障、前立腺肥大症などで尿の出の悪い人、認知症、心臓病、腸に閉塞や通過障害のある方は、アタラックスの服用により症状悪化の危険性があり、原則的に服用いただけません。
安全性が高いお薬ですが、効能として鎮静作用があるため、服用後は眠気やだるさがおきやすいとされています。
服用後は車の運転や、危険な作業を伴う操作は控えるようにしてください。
※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。

ご使用方法

かゆみなどの炎症を抑える際には、ヒドロキシジンとして通常成人1日30~60mgを2~3回に分けて服用します。
アタラックス25mgの錠剤の場合は、1回1錠を1日2回(合計50mg)服用されることをお勧めいたします。
ご年齢や症状により適宜調整します。
鎮静・催眠作用には、通常成人1日75~150mgを3~4回に分けて服用します。
アタラックス25mgの錠剤の場合は、朝1錠、昼2錠、夕方2錠(合計125mg)服用されることをお勧めいたします。
日中の活発な時間の服用は避け、なるべく寝る前に服用するのが効果的です。
食事の影響は受けにくいとされていますが、食事後30分以内の服用をお勧めいたします。

副作用

国内の臨床試験の結果、ヒドロキシジンの主な副作用として眠気(2.5%)、だるさを感じる倦怠感(1.09%)、喉が渇く口渇(0.53%)が報告されています。
ごくまれな症状として、アナフィラキシーというショック症状を起こすことがあります。
胸部不快感、喉頭浮腫、呼吸困難、顔面蒼白、血圧低下等があらわれた場合には投与を中止し、速やかに医療機関を受診してください。
同成分であるセチリジン、ピペラジン誘導体、アミノフィリン、エチレンジアミンに対して過敏症の方は原則服用ができません。
てんかん等のけいれん性の疾患をお持ちの方は症状悪化の可能性があるため服用を控えてください。
先天性QT延長症候群などの心臓系の疾患をお持ちの方も原則服用を控えてください。
アタラックスを服用後もかゆみを抑える症状が認められない場合は、服用を中止して、他の治療方法について専門医と相談してください。
肝臓機能が低下している患者さんは、アタラックスを服用後尿の色が赤茶色くなることが報告されています。
かかりつけ医に相談し、定期的な肝機能検査を受けることをお勧めいたします。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.