アテレック錠ジェネリック5mgは、高血圧症の治療薬で、有効成分シルニジピン5mgが配合された先発品アテレックのジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

高血圧症の治療薬で、有効成分シルニジピン5mgが配合された先発品アテレックのジェネリック医薬品です。ジヒドロピリジン系カルシウム(Ca)拮抗薬」とよばれる種類のお薬です。
有効成分:シルニジピン(Cilnidipine)5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱59805980
2箱49909980
3箱432712981

商品の詳細

アテレック錠ジェネリック5mgは、先発品アテレックと同じ有効成分シルニジピン5mgが配合されたジェネリック医薬品です。
アテレックは、高血圧症の治療にもちいられているお薬です。
血管を収縮させるカルシウムの働きをおさえ、冠動脈を含む末梢の血管をひろげることによって、血圧を低下させるはたらきがあります。
アテレックは「ジヒドロピリジン系カルシウム(Ca)拮抗薬」とよばれる種類のお薬で、有効成分として「シルニジピン」が配合されています。
Ca拮抗薬のなかでも「ジヒドロピリジン系」のものは、急速かつ強力な降圧作用が認められています。
類似薬としては、アムロジンやノルバスク(アムロジピン)、アダラート(ニフェジピン)、コニール(ベニジピン)などがあります。
アテレックなどに代表されるCa拮抗薬は、血管平滑筋細胞膜に存在するL型電位依存性Caチャネルに結合して、L型電位依存性CaチャネルからのCa流入を抑制します。
これよって、血管平滑筋を弛緩および拡張させ、降圧作用を発現すると考えられています。
また、アテレックに特徴的な薬理作用として、交感神経の細胞膜に存在するN型電位依存性Caチャネルに対しても、親和性があることがわかっています。
交感神経終末からのノルアドレナリンの放出を抑制することにより、交感神経活動の亢進による血圧の上昇にも、効果があることが認められています。
降圧剤としてはCa拮抗薬以外に、ARBやアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、利尿剤、β遮断薬、レニン阻害剤などがあります。
Ca拮抗薬とARBを併用することで、浮腫などの副作用が軽減されることもわかっているので、配合剤なども数多く発売されています。
本邦では、アテレックとディオバン(バルサルタン)の配合剤である、「アテディオ配合錠」が発売されています。

ご使用方法

高血圧症の場合:成人では、有効成分シルニジピンとして5~10mgを、1日1回朝食後に服用してください。
年齢、症状によって適宜増減することができ、効果不十分の場合には1日20mgまで増量することが可能です。

副作用

頭痛、めまい、立ちくらみ、肩こり、顔面潮紅、動悸、尿蛋白陽性、血液検査値異常など肝機能障害、黄疸、血小板減少など使用禁忌妊婦又は妊娠している可能性のある婦人降圧作用を有する薬剤、ジゴキシン、シメチジン、リファンピシン、アゾール系抗真菌剤など※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意グレープフルーツジュースの飲用によって、本剤の血中濃度が上昇する可能性が確認されているため、服用中は飲用をひかえるようにしてください。
血圧の低下によってめまいやふらつきがあらわれる可能性があるので、自動車の運転や高所作業などは、避けるようにしてください。
本剤を含むカルシウム拮抗薬の急な中止により、症状が悪化した症例が報告されているので、休薬を要する場合には徐々に減量するようにしてください。
参考資料:アテレック添付文書
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.