アドボケート中型犬用は、【中型犬用のアドボケートです】アドボケート中型犬用は、体重4~10kgの犬用フィラリア予防薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

【中型犬用のアドボケートです】アドボケート中型犬用は、体重4~10kgの犬用フィラリア予防薬です。フィラリアの他にも、犬回虫や犬鉤虫、ノミにも効果を発揮します。投薬が簡単なスポットオンタイプで、即効性があり、1ヶ月間効果は持続します。



セット数1箱あたり通常価格  
1箱69426942
2箱595711914
3箱543016290
4箱521720868
10箱497149710

商品の詳細

犬のフィラリア・ノミダニをまとめて駆除!
お薬が苦手なペットもストレス無し!
便利なスポットオンタイプで垂らして投与!
当商品は中型犬用のペット薬です。
アドボケート中型犬用は、モキシデクチンとイミダクリオを主成分とし、犬のフィラリア寄生を予防するほか、犬のお腹の中に寄生して病害を起こす犬回虫や犬鉤虫、さらに、犬に不快感をもたらすノミの駆除も同時に行うことができる優れたお薬です。
従来のフィラリア予防薬は経口タイプが主流でしたが、アドボケートは簡単なスポットオンタイプなので、お薬を飲むのが苦手な犬にも安心して使用することができ、確実にフィラリアを予防することができます。
アドボケートを月に一度、定期的に投薬すると、投薬後に感染したフィラリアや犬回虫、犬鉤虫、ノミを駆除することが可能です。
アドボケート中型犬用は、体重が4~10kgの犬に、安全かつ効果的にご使用することができます。
アドボケートは速乾性があるため、投薬90分後であれば、雨などで犬の身体がぬれてしまっても、フィラリア予防効果に影響はありません。
ただし、ノミ駆除効果については、犬の体表に広がった薬剤が効果を発揮するため、シャンプーは投薬の4日後以降に行いましょう。
フィラリア予防薬は、動物病院でフィラリアの検査を受けてからご使用ください。
すでにフィラリアに感染した犬に予防薬を与えてしまうと、重篤な副作用を起こすことがあります。
フィラリア予防について犬のフィラリア症は、イヌ糸状虫という寄生虫が犬の血液中で成長し、心臓や肺動脈などに詰まって血流を遮り、命に関わるほど重篤な病害を起こすとても恐ろしい病気です。
一度フィラリア症に罹ってしまうと、治すことはとても大変です。
そのため、このような病気に罹らないよう、フィラリア予防が推奨されています。
フィラリアは、蚊が媒介し、たくさんの犬に広がっていきます。
フィラリアの成虫は、感染した犬の血液中でたくさんのミクロフィラリア(第1期幼虫)を生みます。
このミクロフィラリアは、蚊が吸血した際に蚊の体内に取り込まれ、第1期幼虫から第3期幼虫まで成長します。
そして、この蚊が他の犬を吸血した際に、第3期幼虫は吸血された犬の血液中に送り込まれてしまいます。
この第3期幼虫は、犬の血液中で成虫(30㎝ほどの長さになります。
)となり、心臓や肺動脈などに寄生して犬に重篤な病害を起こします。
このように、犬フィラリア症の発生には、蚊が大きく関わっています。
そのため、蚊の発生時期に合わせたフィラリア予防が推奨されています。
フィラリアの予防は、蚊が活動し始める1か月前から開始し、蚊がみられなくなる季節まで定期的に続けましょう。

ご使用方法

生後7週齢以上で、体重が1.0kg以上の犬に投与することができます。
1回の使用量は1ピペット分(1ml)です。
月に1回の投与で、フィラリア、犬回虫、犬鉤虫、ノミによる寄生を予防することができます。
2頭以上の犬を飼っているお家では、すべての犬に、同時に投与すると効果的です。
投薬する前に、薬液滴下部位の皮膚に異常や汚れはないか、被毛が濡れていないかなどチェックしておきましょう。
ピペットタイプ薬剤の使い方はこちら>>Step1 薬剤の入ったピペットを上向きに持ち、キャップを取り外します。
キャップをひっくり返してピペット先端部の中栓にはめ、中栓を捻じ切ります。
キャップを外し、ピペット先端にきちんと穴が開いているか確認します。
Step2 首筋の被毛をかき分けて手で押さえ、もう片方の手でピペットを持ち、ピペットの先端を皮膚につけて、薬剤を皮膚に直接滴下します。
Step3 ピペットを何度か絞り、薬剤を全て使い切るようにします。
投与箇所は1カ所にします。

副作用

薬剤投与部位に掻痒や発赤などの変化が一時的にみられることがあります。
薬剤投与部位や薬剤を舐めてしまうと、流涎や嘔吐を起こすことがありますので、薬剤は、 犬が舐めることのできない部位に投与しましょう。
また、他の犬や猫が投薬部位を舐めな いよう注意してください。
非常に稀ですが、薬剤に対する軽度のアレルギー反応を起こすことがあります。

副作用

がみられた場合には、早急に獣医師の診察を受けましょう。
注意事項 生後7週齢未満の子犬、また体重が1kg未満の犬へのご使用はお控えください。
アドボケートは速乾性ですが、薬剤が完全に乾くまでは、投薬部位に触れないよう注意してください。
投薬部位を他の犬や猫が舐めたりしないよう注意しましょう。
他の薬と併用する際には、必ず獣医師にご相談ください。
これまで、フィラリア予防のお薬やスポットオンタイプのお薬に過敏症を示したことのある犬へのご使用については、獣医師にご相談ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.