アボダート0.5mg(アボルブ/ザガーロ)は、本来は前立腺肥大症のお薬で、日本ではアボルブと呼ばれます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

本来は前立腺肥大症のお薬で、日本ではアボルブと呼ばれます。肥大した前立腺を小さくしたり、近年では有効成分のデュタステリドはAGA治療(男性型脱毛症)にも使用されます。
有効成分:Dutasteride(デュタステリド)0.5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱41794179
2箱29825964
3箱25487644
5箱207510375

商品の詳細

アボダートの成分デュタステリドは国内では「アボルブ(前立腺肥大のお薬)」及び「ザガーロ(プロペシアより効果があると言われるAGA治療薬)」の2種類のお薬として処方されます。
男性ホルモンと前立腺は密接な関係にあります。
男性ホルモンが作用することで前立腺が肥大します。
その際に前立腺は尿道の周りを取り囲んでいるため尿道を圧迫して尿が出にくくなるなど排尿障害が起こります。
この前立腺肥大症を改善するのがアボダートで、日本ではアボルブというお薬名で販売されています。
男性ホルモンのうちのひとつであるテストステロンは5α-還元酵素によってジヒドロテスト ステロンという物質に変わります。
このジヒドロテストステロンの作用がとても強いために 前立腺を肥大させてしまいます。
アボダートはこの5α-還元酵素を阻害してジヒドロテストステロンを減少させます。
前立腺肥大治療に使用される他の薬は前立腺以外の局所的な部分に作用して間接的に症状を改善させる対症療法になりますが、アボダートは前立腺そのものを縮小させる効果がある唯一の薬です。
アボダートは前立腺を縮小させるお薬ですが、排尿障害を改善するお薬は、ユリーフ、ハルナールが有名です。
また、男性型脱毛症(AGA)治療も上記と同様の作用機序になるため、デュタステリドはザガーロというAGA治療薬としても処方されます。
AGA患者のヘアサイクルは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによって短縮して しまっていて、髪の生成も追いつかなくなっています。
アボダートが5α-還元酵素を阻害することでジヒドロテストステロンの産生を抑えてヘアサ イクルを正常化してくれます。
そのため脱毛抑制効果があると考えられています。
デュタステリドの特徴デュタステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として「アボルブ」という商品名で用いられていました。
前立腺肥大症の発症には、前立腺においてテストステロンが5α還元酵素によって変換される、ジヒドロテストステロンが関係することがわかっていました。
また、このジヒドロテストステロンは男性型脱毛症にも関わることもわかっており、5α還元酵素阻害作用を持つデュタステリドはAGAの治療薬としても研究がすすめられました。
結果として、同一の有効成分を持つ医薬品ですが、アボルブ、ザガーロという2つの商品名で販売され、前立腺肥大症と男性型脱毛症(AGA)の2つの疾患に対して用いられるようになったのです。
製造販売はいずれも、英国のグラクソスミスクライン(GSK)社が行っており、海外では「アボダート」という商品名でも販売されています。
国内ではアボルブは保険薬として薬価収載されていますが、ザガーロは薬価未収載の医薬品です。
また、アボダートは国内では未承認のため、個人輸入もしくは認可を受けたクリニックにおいてのみ、入手することが可能です。
前立腺肥大症治療薬「アボルブ」 アボルブは、2009年7月に厚生労働省に認可された医薬品で、前立腺肥大症に用いることができる医薬品です。
前立腺内のジヒドロテストステロンの産生を抑えて、肥大した前立腺の体積を縮小させ、排尿障害を改善する作用があります。
前立腺体積を減少させることにより、尿道の機械的閉塞が緩和され、下部尿路症状や尿の流れの改善が期待できます。
また、前立腺特異抗原である血清PSAを50%減少させる効果もあり、さらに夜間頻尿にも効果的であることから、非常に有用性が高い薬剤として知られています。
実際の臨床試験においても、アボルブ0.5mgの投与開始後2週における血清中ジヒドロテストステロン濃度の変化率は、ベースラインと比較し87.5%の減少を示しています。
アボルブではカプセル剤の0.5mgの1規格が用いられており、1日1回0.5mgを服用することで治療をすすめます。
男性型脱毛症(AGA)治療薬「ザガーロ」 ザガーロは、2015年9月に厚生労働省に承認されたばかりの、新しい男性型脱毛症(AGA)治療薬です。
男性型脱毛症のメカニズムとして、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することによって、毛髪が退行期または休止期に移行して脱毛が起こることがわかっています。
ザガーロの主成分であるデュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する1型および2型5α還元酵素を阻害することによって、ジヒドロテストステロンの産生を抑えます。
似た作用をもったお薬としては「プロペシア(フィナステリド)」が挙げられますが、こちらは2型5α還元酵素にしか作用を示さないため、効果は少し劣ります。
1型5α還元酵素は全身の側頭部と後頭部の皮脂腺に存在し、2型5α還元酵素は前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しているといわれています。
実際の臨床試験においても、ザガーロ0.5mgはプロペシア1.0mgの1.6倍の発毛効果があったことが報告されています。
一般的には、ザガーロ0.1mgとプロペシア1mgが、ほぼ同等の効果を持つといわれています。
ザガーロではカプセル剤の0.1mgと0.5mgの2規格が用いられており、1日1回0.1mgから服用を開始(最大1日0.5mgまで増量可能)することで治療をすすめます。
アボダートの有効成分 「デュタステリド」 とはアボダートの有効成分はプロペシアやフィンペシアなどの有効成分である「フィナステリド」とは異なる成分「デュタステリド」です。
海外における臨床試験の結果によると、「フィナステリド5mg」と「デュタステリド0.5mg」を24週間にわたり使用した結果、デュタステリド0.5mgを使用した試験者に33%高い結果が得られたとされています。
デュタステリドの使用による発毛量がフィナステリドによる発毛量より30%高かったということです。
※プロペシアやフィンペシアにはフィナステリドが1mgのみ配合されているため、デュタステリド0.5mg配合のアボダートと比較すると、アボダートの成分デュタステリドの効果が更に勝る結果が出る可能性があります。

ご使用方法

通常成人はデュタステリドとして1日1回1カプセル(0.5mg)を服用します。
食事の影響はほ とんど受けないため、どのタイミングでも服用することが可能です。
形状は液カプセルで、皮膚から吸収されやすい性質です。
中身は刺激性もあるので、カプセ ルを噛んだり開けたりせずにそのまま飲み込んでください。
事前に前立腺がんではないことを検査で確認し、服用開始後も定期的に検査を行います。
ア ボダートは前立腺がんの指標であるPSA(血清前立腺特異抗原)の値に影響を与える(PSA値を 下げて前立腺がんを発見しにくくしてしまいます。
)ため、注意が必要です。
服用を開始してからすぐ改善が認められる場合もありますが、通常は半年間の治療が必要です。
その後服用を継続するかどうかは効果や副作用により医師の指示を仰ぎます。
飲み忘れた場合は気がついた時にできるだけ早めに服用しましょう。
ただし、次の服用時間 が近い場合は1回分を抜き、次の通常服用時間に1回分を服用してください。
2回分を一度に 服用しないでください。
また、自分の判断で薬を中止しないでください。
医師や薬剤師に相談しましょう。
AGA治療としての使用も用法用量は上記と変わりません。
ただ、前立腺肥大治療としての使用よりもAGA治療は毎日しっかり服用することが非常に 重要です。
1回飲み忘れるとそれまで続いていたAGA治療の効果が少なくなってしまいま す。
デュタステリドは血液中の濃度を一定に保つことで効果を最大限に発揮します。
また、服用時間にばらつきがあっても血液中の濃度が不安定になり効果を最大限に発揮できなくなるので毎日しっかり同じ時間帯に服用することを心がけましょう。
ちなみに日本でデュタステリド製剤は商品名アボルブとザガーロがありますが、アボルブが 前立腺肥大治療薬、ザガーロがAGA治療薬として保険適用があります。
また、どちらの治療にしても効果に個人差がある薬です。

副作用

男性ホルモンを抑制するので、ホルモンに関わる副作用が現れることがあります。
相対的に女性ホルモンが上がるためです。
主に勃起不全、性欲減退、女性化乳房・乳房痛などの乳房障害が挙げられます。
命に関わるような副作用ではありませんが、問題がある際は受診し医師に相談してください。
重い副作用として、まれに肝機能障害を起こすことがあります。
倦怠感、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、黄疸などの症状が出たら服用を中止して直ちに受診してください。
肝機能が弱ってる人が服用する場合は慎重な注意が必要です。
使用・併用禁忌女性、小児は服用してはいけません。
女性、特に妊婦さんは胎児の発育に影響があるので薬に触れないよう注意してください。
万が一触れてしまったら石鹸と水でよく洗い流してください。
併用してはいけない薬はありませんが、HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬)、マクロラ イド系抗生物質(~マイシンという名前がつく薬)、アゾール系抗真菌薬のイトラコナゾール などとは飲み合わせが良くなくデュタステリドの血中濃度が上がることがあるので注意が必 要です。
アボダートはザガーロは同じ成分のお薬ですグラクソスミスクライン社が開発したAGA治療薬ザガーロは、成分がデュタステリド配合のアボダートと同じ育毛薬です。
ザガーロは現時点では日本で認可されていませんが、認可後に販売されたとしてもプロペシア並みの高価格が設定されるでしょう。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.