アマントレル(塩酸アマンタジン)100mgは、パーキンソン病の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

パーキンソン病の治療薬です。手足のふるえや身体の硬直を改善し動作を楽にします。A型インフルエンザの治療にも使われます。
有効成分:塩酸アマンタジン100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱57805780
2箱44908980
3箱396011880
5箱357617880

商品の詳細

パーキンソン病の治療薬です。
手足のふるえや身体の硬直を改善し動作を楽にします。
A型インフルエンザの治療にも使われます。
日本では、同じ成分の薬として、ロテファミン錠(大洋薬品)、アテネジン錠50mg(鶴原製薬)などがあります。
パーキンソン病は治療法が確立されていない難病で、長い期間をかけて症状がじょじょに進行していきます。
病気の詳しい原因は分っていませんが、脳内の神経伝達物質のドーパミンの不足が関係していると言われています。
症状は、手足の震えや身体の硬直、姿勢が傾くなどの運動症状の他に睡眠障害や自律神経の失調などの非運動症状があります。
根本的な治療法はないので、症状を軽くして日常生活のクオリティを上げる治療が行われます。
アマントレルは、ドーパミンの放出をうながすとともに、ドーパミン受容体を活性化して神経の伝達機能を高める作用があります。
パーキンソン病の運動障害だけでなく精神症状も改善します。
また、アマントレルはA型インフルエンザのウイルスの増殖を抑える効果もあります。
感染の初期段階で服用することにより、ウイルスの増殖を抑えて熱などの症状を軽減し回復を早めます。
B型インフルエンザには効果がありません。

ご使用方法

パーキンソン病の場合:成人で1日位100㎎を1,2回に分けて服用開始し、1週間続けたあとに1日。
200㎎を2回に分けて維持量として服用。
1日3回に分けて300㎎まで増量可能。
A型インフルエンザウイルスの場合:成人で1日に100㎎を1,2回に分けて服用。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 下痢、便秘、吐き気、不眠、寝m家、口の渇き、立ちくらみなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.