アリー(アライ)は、アリーはダイエット薬ゼニカルのジェネリック薬で、食品に含まれる脂肪分の吸収率を減らして、ダイエットを楽にするお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

アリーはダイエット薬ゼニカルのジェネリック薬で、食品に含まれる脂肪分の吸収率を減らして、ダイエットを楽にするお薬です。
有効成分:84(Tablet)


商品の詳細

商品詳細アリーは食品に含まれる脂肪分の吸収率を減らして、ダイエットを楽にするお薬です。
アリーは食べた脂肪分の約30%をカットします。
脂肪は食品の中でいちばん消化吸収しにくい成分なので、その消化のために小腸からリパーゼという消化酵素が分泌されています。
アリーはこのリパーゼの働きをおさえて、食べた脂肪分の約30%を便として体外に排泄する作用があります。
脂肪分をカットすることで健康的なダイエットが可能になります。
食べた脂肪分を3分の1くらいカットすることで、なぜダイエットが楽になるのか疑問に思うかもしれません。
それは「極端なカロリー制限」をしなくてよくなるからです。
まず、脂肪を含む肉や魚をある程度食べることで、ダイエットのストレスが減ります。
「美味しいもの」には脂肪が含まれていることが多いので、それをあきらめるのは辛いのです。
つぎに、タンパク質やカルシウムの不足につながりやすいカロリー制限を少し緩和することで、筋肉が細くなったり骨が弱くなることを防ぐことができます。
極端なカロリー制限はなぜ長続きしないのですか?食べることは人の根源的な欲求なので、それをガマンしていると心に大きなストレスがかかります。
そのストレスが大きくなり過ぎると心が壊れて、過食症や拒食症などの深刻な症状があらわれることもあります。
そんなガマンが続かないのは心の安全装置でもあるのです。
身体も筋肉や骨が弱くなるようなカロリー制限には警告を発します。
顔にむくみが出たり、生理が止まったりすることもあります。
そうなると、心と身体から「食べろ」という強い圧力がかかります。
それを意志の力でねじ伏せるのは難しいし、またしてはいけないことでもあります。
ダイエットとリバウンドをくり返すとますます太りやすい体質になります。
ムリなカロリー制限は結局続かないことが多いのですが、リバウンドするときは失われた筋肉ではなくまず皮下脂肪が増えがちです。
そうするとカロリーの基礎代謝量が減ってますます太りやすい体質になります。
おまけに、私は意志が弱いという挫折感も味わうことになります。
必要な栄養を確保しながら運動で余った脂肪を燃やして、筋肉を細くしないで皮下脂肪を減らすのが健康的なダイエットです。
しかしこれは言うはやすしで、実行するのはなかなか難しいことです。
その難しさを軽減するのがアリーです。
アリーなどの脂肪吸収阻害薬は肥満が社会問題になっているアメリカで肥満予防薬としてのまれている他、高血圧や高コレステロール、高血糖の改善薬としても使われています。
アリーはコストメリットの大きいジェネリック医薬品です。
アリーはリパーゼ阻害薬の先発薬「ゼニカル」のジェネリック医薬品です。
ゼニカルよりも低コストで使用できます。
アリーの使用方法食事の直前または直後に服用してください。
脂肪分をまったく含まない食事のときにはのんでも意味がありません。
肥満を予防するには、血糖値を急に上げない食事の仕方も大切です。
まず野菜や脂肪を含む食品を食べて、炭水化物はその後にすると血糖値の急上昇を防げます。
「アリー(ALLI)」 は、グラクソ・スミスクライン社が製造販売している「ゼニカル」(スイス:ロシュ社製)のジェネリック医薬品で、ゼニカルと同じ「オルリスタット(Orlistat)」を主成分とした肥満治療薬です。
アリーは摂取した食べ物の脂肪吸収を約25%カットするアメリカFDAの承認を受けた医薬品です。
アリー は高血圧や高コレステロール、高血糖の改善薬としても知られています。
アリーを食事中に服用すると、体内で吸収されなかった脂肪分を便と一緒に排泄します。
アリーは、食欲を抑制するのではなく、体内で脂肪が吸収阻害することによって ダイエット 効果を発揮します。
オルリスタット は、胃腸の中のリパ-ゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑え、食べた脂肪を腸に吸収させず体外へ排泄させます。
また通常の食事が可能ですので、ストレスによるリバウンドの心配もありません。
オルリスタット は脂分分解後の成分と結合して対外に排出されるので、身体への負担が小さく、年齢や性別を問わないというメリットがあります。
効能効果肥満治療薬服用方法一般的にはアリーを1回60mgを1日3回、脂肪を含む主な食事の際(食事中あるいは食後1時間以内)に服用します。
使用の際には食事の栄養バランスを考え、脂肪の多く含む(30%以上)食品は減らすように心掛けて下さい。
また脂肪、炭水化物、タンパク質は3回の食事で分散してとるようにして下さい。
もし、食事を抜く場合、あるいは脂肪を含まない食事をとったような場合は、アリーを服用しないで下さい。

副作用

オルリスタット の主な副作用としては、脂肪分と同時に脂溶性栄養素の吸収も抑制してしまうため、 アリー を服用すると脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kが不足しがちになることがあげられます。
ですので アリーを服用する際には、それらを含むマルチビタミンなどを積極的に摂ることをお薦めします。
アリー服用の2時間前、あるいは2時間後の寝る前などにこれらを摂取するようにしましょう。
そのほか、オルリスタット は、小腸で不要な脂肪分と結合し、体外に排出するという働きを持っているため、以下のような副作用が生じることがあります。
オイルスポット、鼓腸、急な便意、油分の除去、排便の増加、便失禁、直腸からの漏れ、上部呼吸器感染、脂肪便、ガスによる胃腸の膨満、放屁使用上の注意・オルリスタットに対しアレルギーのある方は服用しないで下さい。
・吸収不全症候群、食物アレルギーなどの症状がある、臓器移植を受けた、血液抗凝固薬・抗血栓薬(ワルファリン/ワーファリン・ヘパリンなど)を服用している、糖尿病、甲状腺疾患などの病歴がある方は、服用前に医師に必ずご相談下さい。
・妊娠、授乳中の方、肥満ではない方は、服用しないで下さい。
・1日3回60mg3カプセルを上限として、それ以上は服用しないで下さい。
・副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.