アルダクトン100mgは、尿量を増やして体内の余分な水分を尿として出し、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿剤です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

尿量を増やして体内の余分な水分を尿として出し、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿剤です。フロセミド(ラシックス)と似た作用の医薬品です。
有効成分:スピロノラクトン 100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
2箱22404480
3箱18935679
5箱15167580
7箱13409380
10箱121812180

商品の詳細

尿量を増やして体内の余分な水分を尿として出し、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿剤です。
フロセミド(ラシックス)と似た作用の医薬品です。
アルダクトンは、有効成分としてスピロノラクトン100mgを含有する医薬品です。
アルダクトンは「カリウム保持性利尿薬(アルドステロン拮抗薬)」という分類のお薬で、高血圧や各種浮腫などの治療を目的として、医療用医薬品でも用いられているお薬です。
効果は弱い一方で血清カリウムに影響を及ぼすため、第一選択として用いられることは少ないですが、臓器保護効果や高尿酸血症に対する作用も認められており、医師の処方も多いお薬なのです。
合併症を有さない高血圧に対しては、Ca拮抗薬、ACE阻害薬、ARB、利尿薬の4種類の薬剤のうちのいずれかが第一選択として用いられます。
プロプラノロールなどのβブロッカーは心合併症や交感神経優位の若年性高血圧に、ドキサゾシンなどのαブロッカーは早朝の高血圧に用いられますが、アルダクトンなどのK保持性利尿薬(アルドステロン拮抗薬)は低レニン性の高血圧に効果が期待されています。
アルドステロンは、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の最終産物として産み出され、腎臓に存在するアルドステロン受容体を介してナトリウムの再吸収やカリウムの排泄を行い、水分を体内に保持して血圧を上昇させます。
アルダクトンはこのアルドステロンに拮抗することで効果を示し、ナトリウムの再吸収やカリウムの排泄を阻害して、水分を排泄することで血圧を降下させるのです。
しかし、降圧作用や浮腫の改善作用は非常に弱く、単独で用いられることはあまりありません。
カリウムを保持性利尿薬と言われるように、ナトリウムのみを排泄してカリウムの排泄を抑えるので、ループ利尿剤やサイアザイド(チアジド)系利尿剤などの副作用である「低カリウム血症」を防ぐ目的で併用することも少なくはありません。
また、重症の心不全患者(NYHAⅢ度以上)に対してアルダクトンなどのカリウム保持性利尿薬を追加投与することにより、全死亡、心臓突然死、心不全による入院などを減少させることもわかっています。
よって、降圧剤としてのみではなく、これらの多面的な効果を期待して使用されることも多い、画期的な薬剤なのです。
日本ではアルダクトンは以下のようなお薬名で処方されます。
アルダクトン Aスピロノラクトンアポラストンメルラクトン使用方法高血圧の治療の場合、(1/2錠~1錠)50mg~100mg/1日を1回または、2回にわけて服用1日の服用量の限度は200mgAGA(男性型脱毛症)治療の場合は、1日50mg~100mg(1/2錠~1錠)突発性浮腫の場合、1日100mgを1回か2回に分けて服用効能・効果は「高血圧症(本態性高血圧症、腎性高血圧症等)、.心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、特発性浮腫、悪性腫瘍に伴う浮腫及び腹水、栄養失調性浮腫、原発性アルドステロン症の診断及び症状の改善」とされています。
用法及び用量は「スピロノラクトンとして、1日50~100mgを分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
」とされています。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。

副作用

アルダクトンの副作用としては「女性化乳房、性欲減退、多毛、月経不順、じんましん、食欲不振、悪心嘔吐、口渇、下痢、便秘、倦怠感」などが報告されています。
重大な副作用としては「電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等)、急性腎不全、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)」などが報告されています。
禁忌は「無尿または急性腎不全、高K血症、アジソン病、4.タクロリムス投与中、エプレレノン投与中又はミトタン投与中の患者、本剤に対して過敏症の既往歴のある患者」とされています。
降圧剤やカリウム剤、ジゴキシン、リチウム製剤などにおいて相互作用が認められているので、併用薬がある場合には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) このお薬では妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
降圧作用によってめまいやふらつきが現れることがあるので、高所作業や自動車の運転など、危険を伴う機械を操作する際には注意をするようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.