アルダクトン25mgは、尿量を増やして体内の余分な水分を尿として出し、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿剤です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

尿量を増やして体内の余分な水分を尿として出し、むくみを改善したり血圧を下げる効果のある利尿剤です。フロセミド(ラシックス)と似た作用の医薬品です。
有効成分:スピロノラクトン25mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
2箱18403680
3箱14934479
5箱12766380
7箱9976979
10箱7977970

商品の詳細

排尿を促進し、体内の水分を排泄してむくみを改善したり、血圧を下げる効果の利尿剤です。
アルダクトン100は有効成分としてスピロノラクトン100mgを含有する利尿薬で抗アルドステロン薬と呼ばれています。
体内の水分量を増やして血圧を上げる作用を持つホルモンであるアルドステロンの働きを抑制してナトリウムと水の排泄を促進し、体内に蓄積された余分な水分が排出されるため尿の量が増加します。
その結果血圧が下がり心臓への負担が減りむくみが改善するので、アルダクトンは主に高血圧症や心不全、また様々な疾患による浮腫や腹水の治療に世界中でよく使用されています。
利尿作用も降圧作用も比較的穏やかな効き目です。
そのため高血圧や心不全治療に単独で使用されることはあまりないですが、慢性心不全には非常に有効でアルダクトンを追加することで死亡率が約30%低下するという研究結果が出ています。
他の利尿薬と違ってナトリウムを排泄する代わりにカリウムの排泄は抑えるため、アルダクトンはカリウム保持性利尿薬とも呼ばれています。
ラシックスに代表されるループ利尿薬などカリウム保持性ではない他の利尿薬とはバランス的に相性が良く併用されることが多いです。
またアルダクトンには男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制して女性ホルモンを優位にする作用もあります。
ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となるホルモンであるためそれを抑制することで脱毛を予防し髪の毛の成長を促します。
女性にとっては女性ホルモンが優位になるため、アルダクトンは多毛症(酷いムダ毛)やニキビの治療に有効です。
もちろん女性の悩みとしてよく聞かれる足の浮腫にもアルダクトンが有効で改善することができます。
一方、受容体選択性が低いため同類薬に比べると女性化乳房などの性ホルモン関連の副作用が起こりやすいのがデメリットです。
※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。
日本ではアルダクトンは以下のようなお薬名で処方されます。
アルダクトン Aスピロノラクトンアポラストンメルラクトン使用方法高血圧の治療の場合、(2錠~4錠)50mg~100mg/1日を1回または、2回にわけて服用1日の服用量の限度は200mgAGA(男性型脱毛症)治療の場合は、1日50mg~100mg(2錠~4錠)突発性浮腫の場合、1日100mgを1回か2回に分けて服用アルダクトンを通常成人は1日50~100mgを1~4回に分けて服用します。
年齢、症状により適宜増減します。
尿の量が増加してトイレに行く回数が増えるので服用するタイミングや用量に注意してください。
服用後1~2時間後くらいから効果が認められトイレに行きたくなるため、夜の服用は控えるのが一般的です。

副作用

アルダクトンの副作用は少ないですが、男性の女性化乳房や乳房痛、生理不順などホルモン関係の副作用をはじめ倦怠感、めまい、頭痛などが報告されています。
この場合は軽度であればさほど心配はいりませんが服用中止したり量を減らすなどして様子を見るか症状が重かったり中止しても改善しなければすぐ医師に相談してください。
アルダクトンはカリウム保持性ゆえに血液中のカリウム分が増えすぎると高カリウム血症になり、精神的な変調や不整脈を起こす恐れがあるので注意してください。
その他滅多に起こりませんが重大な副作用として急性腎不全、皮膚・粘膜障害、発疹などが報告されています。
同系の降圧薬である成分名エプレノン、免疫抑制薬の成分名タクロリムス、抗がん薬の成分名ミトタンとは併用禁忌です。
他の降圧薬と併用する場合は血圧の下がりすぎや薬の種類によりますが高カリウム血症に注意が必要です。
また月経困難症治療薬の成分名ドロスピレノン(商品名ヤーズ)を服用している場合はアルダクトンを併用すると高カリウム血症を起こしやすくなる恐れがあるので注意してください。
強心薬のジギタリス製剤や抗うつ薬のリチウム製剤など飲み合わせがあまり良くない薬が多数存在するので何らかの疾患で服薬治療中の方はアルダクトンを服用する前に医師か薬剤師に相談してください。
血圧が下がることでめまいやふらつきを起こす恐れがあるので、特に浮腫対策やニキビなど降圧目的以外で服用している方は車の運転や危険な作業には十分注意してください。
有効成分 スピロノラクトン25mg 内容量 30錠
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.