アルピゾール(アリピプラゾール)5mgは、有効成分アリピプラゾールは統合失調症の陰性症状にも陽性症状にも効果が期待できると言われており、エビリファイは精神科領域で広く使用されています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

有効成分アリピプラゾールは統合失調症の陰性症状にも陽性症状にも効果が期待できると言われており、エビリファイは精神科領域で広く使用されています。
有効成分:アリピプラゾール5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
2箱14402880
3箱11603480
5箱7963980

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
2002年にメキシコで製造販売承認されたアリピプラゾールは、60カ国以上の国で承認されている第二世代の抗精神病薬です。
国内では2006年に「エビリファイ」という薬剤名で大塚製薬より販売されています。
適応として、統合失調症、双極性障害における躁症状の改善のほかに、うつ病・うつ状態、小児期の自閉スンヘペクとラム症への効果が認められています。
製品特許の切れた2017年よりジェネリック医薬品が販売され、当社のアリピプラゾールも高品質が担保されたジェネリック医薬品となります。
有効成分アリピプラゾールはドーパミンの量を適切に調整してくれる作用を有しており、ドーパミンが過剰な場合はその働きを抑え、不足している場合は働きを補ってくれるお薬です。
この作用により、極度の興奮や幻覚や妄想などの症状を和らげ、感情の起伏を安定化させたり、やる気や意欲を増やしたりする効果があります。
また、セロトニンへの作用と合わせて気分安定薬としても働きもあり、再発予防効果も期待されています。
その他の作用として、アリピプラゾールには穏やかな鎮静や気分安定が期待できるため、衝動性をコントロールしやすくするために処方されることがあり、過食の治療に応用されているケースもあります。
国内では糖尿病に関する警告が発表されており、ごく稀な症例では糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の死に至ることもある重大な副作用が発現する恐れがあるので、服用後は高血糖の徴候・症状に十分注意してください。
糖尿病を併発している患者さんは、アリピプラゾールの服用に際してかかりつけ医や専門医に相談の上で検討してください。
国内では医師の処方箋が必要な医療用医薬品に指定されており、高い効果の反面、服用に際して細心の注意が必要です。
使用方法適応症に応じて用法用量が異なります。
統合失調症の治療の場合、1日1回エビリファイを10mg~15mgの服用から開始し、効果や症状により1日最大30mgまで増量します。
1錠に含まれるアリピプラゾールは20mgのため、ピルカッターなどで半錠に割ってから服用してください。
増量する際は、服用開始から十分な日数を空けて、最低でも14日間ほどかけて増量する必要があります。
双極性障害の治療の場合、1日に1回15mgの服用から開始し、症状や効果により1日30mgまで増量します。
うつ病・うつ状態の場合、既存の抗うつ剤での治療で効果が認められない場合に限り、1日1回3mgから服用します。
増量する場合は1日の服用量15mg以内に留め、増量幅としては3mgまでに抑えて急な増量は控えてください。
こん睡状態にある患者さんは、状態を悪化させる可能性があるため服用できません。
また、「フェニトイン」や「エトトイン」などのバルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響を受けている方も、効果が強くですぎる恐れがあるため服用できません。
アドレナリンとの併用も禁忌となっております。
24歳以下の若いうつの患者さんにおいて、アリピプラゾールを服用すると自殺のリスクが高くなることが報告されています。
若い患者さんが服用される際は、専門医とのカウンセリングを十分に行ってください。
自閉スペクトラム症に対しては、6歳以上18歳未満の患者さんに限定されています。

副作用

使用上の注意国内の臨床試験の結果、副作用として不眠が27.1%、神経過敏が14.8%、アカシジアが11.7%、振戦(手指の震え)が10.5%、不安が9.6%、体重減少が9.2%、筋強剛が6.3%、食欲不振が6.2%報告されています。
肝臓系の疾患をお持ちの方は、これらの副作用が現れやすくなると言われています。
専門医に相談の上で用量の調整を行ってください。
アリピプラゾールを服用した後は、眠気や集中力の低下が起こりやすいため、車の運転や機械の操作などに十分注意してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.