アルファカル(アルファカルシドール)0.25mcgは、ビタミンDを補うお薬でビタミンD代謝異常の治療薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ビタミンDを補うお薬でビタミンD代謝異常の治療薬。
有効成分:アルファカルシドール0.25mcg


商品の詳細

アルファカル(アルファカシドール)は、ビタミンDを補う作用がある薬です。
骨粗鬆症や慢性腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD抵抗性クル病・骨軟化症におけるビタミンD代謝異常に伴う諸症状への治療薬であり、少量でも高い効果が期待できると言われています。
肝機能や腎機能が落ちている人でも安心して使用が可能!
アルファカルなどアルファルカシードを成分とするお薬は、日本ではアルファロールやワンアルファという製品名で販売されています。
人の骨の生成維持に必要不可欠と言われているのがカルシウムですが、カルシウムはそれ自体では体に吸収されにくい成分となっています。
そんな時に活躍をしてくれるのがビタミンDです。
食品を通じて取り込まれたビタミンDが肝臓や腎臓で活性化されると、カルシウムが小腸から吸収されるのを助け、カルシウムが骨に沈着するのを促していきます。
このビタミンDが不足すると、カルシウムが十分に体内へと取り込まれなくなり、骨への沈着も不十分になってしまいます。
その結果、骨軟化症や骨粗鬆症と言った事態を招いてしまうのです。
アルファカシドールは活性化されたビタミンDの生成に寄与します。
体内に摂取されると肝臓で代謝され活性型ビタミンDとなり、カルシウムの吸収や骨への沈着を促してくれるのです。
また、本来であれば腎臓が担う役割を代わりになってくれるため、腎機能が低下している人に対しても有効的だといわれています。
血中のカルシウムの濃度を高める働きもあり、その結果副甲状腺機能を向上させてくれる働きも持っています。
ビタミンDを生成してくれるため代謝異常にも効果があると言われており、様々な効能を持っている薬になります。

ご使用方法

骨粗しょう症や慢性腎不全の場合:目安として成人で1日に0.5~1.0㎎を1回服用します。
副甲状腺機能低下症の場合:成員の場合、1日に1回、1~4㎎を服用します。
服用をし忘れた場合はすぐに1回分を服用し、次回の服用時間が近い場合は次回から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 吐き気、下痢、食欲不振、胃痛、便秘、消化不良など。
副作用は上記に限りません。
2357
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.