アレグラ180mgは、成分量が多い処方薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

成分量が多い処方薬!市販のアレグラよりも効果が大きいお薬。花粉症やアレルギー性症状を治療する有名な抗ヒスタミン薬と言えば!
有効成分:Fexofenadine(フェキソフェナジン)180mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
2箱19403880
3箱15274581
5箱11165580
7箱9836881

商品の詳細

アレグラ180mgは1錠中に有効成分を180mg含有する抗アレルギー薬です。
日本でもアレグラはなじみ深く、花粉症経験者であれば一度は服用したことのある医薬品といえるかもしれません。
※市販のアレグラより成分量が多い処方薬となります。
アレグラは成人であれば1日120mgの服用を基本とします。
症状に応じて適宜増減が認められている医薬品であるため、アレルギー症状が強い方はアレグラ180mgを服用するとよいでしょう。
アレグラの特徴はなんといっても眠けの副作用の発現頻度の低さです。
抗アレルギー薬を服用する患者さんを悩ませてきた眠けの問題が改善されているのは、かなりのメリットといえるでしょう。
この眠けの発現は脳内への薬の有効成分の移行性がポイントとなります。
アレグラは脳内への薬の移行性が低く、それゆえに眠けの副作用の発現が起こりにくいとされています。
この脳内への移行性は用量依存的ではないため、アレグラ180mgでもアレグラ30mgでも同様に脳内への移行性は低いといえます。
長年花粉症シーズンにアレグラを飲み続けている方であまり効果を実感できていなかった人はアレグラ180mgを試してみてもいいかもしれません。
アレルギーの症状の発現や程度は個人差がありどのくらいの量を飲めば効くのかは正確にはわかりません。
一般的に日本人の体型であれば成人なら1日120mgのアレグラの服用で効果がみられるため、日本ではアレグラ60mgを1日2回服用するのが一般的なのです。
アレグラ180mgは今までの治療法では効果を得にくかった方に嬉しい製品といえます。

ご使用方法

アレグラ180mgを服用する場合は1日1回服用しましょう。
アレグラには食事による縛りがないため、食前食後どちらの服用でもかまわないとされています。
しかし、研究によると食後の服用ではやや血中濃度が下がることが報告されているため、食事の影響は無視できません。
より確実に効果を得るためには食前に服用するといいでしょう。
またアレグラはアルミニウムやマグネシウムなどのミネラル成分によって効果が減弱することが知られています。
アルミニウムは市販されている胃薬に含まれていることが多く、市販の胃薬を飲んでいる人はアレグラとの併用の際は注意が必要です。
マグネシウムは便秘薬としても知られており、日常的に便秘薬を飲んでいる場合はマグネシウムが含有されていないか確認しましょう。
酸化マグネシウムや水酸化マグネシウムといった名称が成分名のところに記載されていれば、その便秘薬はマグネシウムを含有しているということです。
アルミニウムやマグネシウムを含有する医薬品とアレグラを併用する場合は、先にアレグラを服用します。
アレグラを服用してから2時間後くらいにアルミニウムやマグネシウムを含有する医薬品を飲むようにすればアレグラの効果減弱を防ぐことができます。
成人であれば、通常アレグラは1日120mgが目安であるため、アレグラ180mgで効果を感じられなかったとしても、さらに追加で服用することは控えた方がよいでしょう。
アレグラ180mgで効果を感じられない場合は、アレグラではない抗アレルギー薬を検討した方がよいといえます。
抗アレルギー薬の効果発現はかなり個人差があり、A薬は効かなかったがB薬は効いたということが多々あります。
用量を増量することも一つの解決策ですが、アレグラの場合は180mgに増量しても効果がみられなければ、他の抗アレルギー薬に切り替えた方がよいといえます。
小児の場合はアレグラ30mgを1日2回にわけて服用させるのが一般的であるためアレグラ180mgの使用は適していません。
※花粉症の治療、対策用に服用する場合、好発季節をの直前から服用を始め、好発季節終了の終了まで服用を継続することで効果的な花粉症対策ができるとされています。

副作用

アレグラ180mgの服用で起こりやすい副作用は頭痛と眠気です。
特に眠気に関しては、アレグラでは起こりにくいといわれていますが、人によってはみられることが知られています。
アレグラの服用で眠気が生じる場合は体質的にアレグラが合わないといえます。
抗アレルギー薬は他にも複数種類があるため、他の抗アレルギー薬を試してみるといいでしょう。
他には目立った副作用はなく、アレグラは安心して飲める抗アレルギー薬の一つといえます。
ただアレグラは腎臓から体外へ排泄される医薬品であるため、腎機能が低下した高齢者では血中濃度が高くなる恐れも考えられます。
腎機能が低下している人や高齢者の場合は、特に頭痛や眠気など副作用の発現に注意しましょう。
特に「アレグラ180mgは用量が多いので、不調を感じた際は服用をやめましょう。
※この商品の使用により不快な副作用が現れた場合、使用を中止して医師にご相談ください。
※過剰量を服用した場合、直ちに医師にご相談ください。
※副作用をよび使用上のご注意はここに記載の限りではありません。
使用・併用禁忌アレグラは他の医薬品とも併用しやすい抗アレルギー薬で、一緒に飲んではいけない併用禁忌の医薬品はありません。
しかし、前述したようにアルミニウムやマグネシウムを含有する制酸剤や便秘薬などを併用する際は飲み方を工夫すると安心です。
せっかくアレグラを飲むのであれば正しい効果をしっかりと得たいもの。
これにアルミニウムやマグネシウムが含有されているのかわからない場合は、アレグラの服用から2時間おけば安心です。
アレグラの体内への吸収は服用から2時間程度で終了するため、服用から2時間以降であれば影響を及ぼさないと考えられます。
花粉症はつらい症状が長期間続きますスギ花粉症は2月末から4月いっぱい、ヒノキ花粉症は5月から6月にかけて症状がでます。
スギとヒノキの両方の花粉にアレルギーがあると4カ月以上も症状が続きます。
その他の花粉にもアレルギーがあり、ほとんど一年中症状が出ているという人も少なくありません。
長く続く症状は日常生活に負担をかけて、QLO(生活の質)を落とすだけでなく、車の運転中の連続するクシャミはたいへん危険です。
花粉症対策は薬によるコントロールと、花粉を浴びないふだんの工夫が重要です。
日常生活の花粉対策免疫機能が過敏にならないように、花粉飛散時期のすこし前から薬をのみ始める。
睡眠不足、過労をさけて、体調管理をする。
風邪をひかないように気をつける。
外出しなければいけない用事はまとめて片づけるようにして、外出回数を減らす。
なるべく花粉を家の中に入れない工夫をする。
(玄関で花粉をはたき落としてから家に入る、布団を室内の窓際で干すなど)室内はこまめに掃除機をかける。
花粉対策グッズを活用する(花粉防止機能の高いマスクを使うなど)。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.