アレグラ180mg20錠は、「アレグラ180mg」は日本では入手できない規格の抗アレルギー薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

「アレグラ180mg」は日本では入手できない規格の抗アレルギー薬です。日本では「アレグラ」として30mgと60mgの製品が販売されています。一般的に成人であれば60mを1日2回服用し、症状により適宜増減します。
有効成分:Fexofenadine(フェキソフェナジン)180mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱32803280
2箱23404680
3箱19605880

商品の詳細

このアレグラは成分量が市販薬より多い「処方箋薬」です。
花粉やアレルギー症状への効果を高めたい方にオススメです。
アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎に即効性がある抗ヒスタミン剤です。
アレグラ180mg錠は1錠あたりの成分配合量が多いため、1日1回1錠の服用で効果が現れます。
花粉症の人が花粉を吸いこむと、ヒスタミンという物質が放出されて鼻の血管を拡張し、くしゃみや鼻づまりをおこします。
このヒスタミンの作用をブロックするのが抗ヒスタミン剤です。
アレグラ180mgは有効成分としてフェキソフェナジン180mgを含有する抗アレルギー薬です。
花粉症・ダニ・ハウスダストなどのアレルゲンによる季節性及び通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹や皮膚炎などの皮膚疾患に伴うそう痒といったアレルギー症状に対する治療に世界中で多く使用されています。
アレグラの有効成分フェキソフェナジンは薬学的には抗ヒスタミン薬に分類されます。
アレルギーの発症にはヒスタミンという体内物質が大きく関与しています。
アレルゲン(花粉やハウスダストなどアレルギーの原因物質)による刺激でアレルギー反応が始まると、免疫系の細胞である肥満細胞からヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が大量に放出されます。
放出されたヒスタミンは体内に存在するH1受容体に結合することで作用し、様々なアレルギー症状を引き起こすのです。
アレグラの有効成分フェキソフェナジンは、このH1受容体を遮断することでアレルギーを抑制します。
また、ロイコトリエンなどアレルギーに関与するヒスタミン以外の化学伝達物質の遊離も抑制するため更に抗アレルギー作用を発揮することができます。
抗ヒスタミン薬には古くからある第1世代とそれらが改良された新しい世代の第2世代に分かれますが、アレグラは第2世代の抗ヒスタミン薬です。
第2世代の抗ヒスタミン薬は選択的にH1受容体だけを遮断するため、第1世代に多い口渇や便秘などの抗コリン作用(アセチルコリン受容体も余計に遮断してしまう作用)による副作用がほとんど起こりません。
また、ヒスタミンは覚醒に関与する物質でもあるためヒスタミンを遮断することで眠気が発現するという副反応があります。
第1世代は脳に移行しやすく眠気の副作用が発現しやすいのが問題であるのに対し、アレグラなどの第2世代は脳に移行しにくいため眠気の副作用もほとんど現れないことが臨床試験でも明らかになりました。
現在のアレルギー治療では、第2世代の抗ヒスタミン薬が主流になっています。

ご使用方法

アレグラ180mgを通常成人及び12歳以上の小児は1回60mgを1日2回服用します。
7歳以上12歳未満の小児は1回30mgを1日2回服用します。
症状によって適宜増減します。
本剤は180mgと高用量であるため、3分の1に切って60mgにして同様に服用するか、症状が強ければ半分に切って1回90mgを1日2回や1回1錠1日1回といった選択肢もあります。
医療機関でも蕁麻疹が改善しないなど難治性の場合は1回120mgを1日2回服用といった処方も多く見られます。
ただし、高用量での長期服用は副作用が発現する恐れがあるため注意が必要です。
速効性がありますが、十分な効果を発現するまで数日かかることがあります。
例えば花粉症の場合では、予防的に花粉シーズンの直前からアレグラの服用を開始しておくことをお勧めします。

副作用

アレグラの副作用は比較的少ないですが、眠気、倦怠感、めまい、頭痛、口渇、吐き気、腹痛、動悸、発疹、肝機能値の異常などが稀に報告されています。
また、滅多に起こりませんが重大な副作用としてアナフィラキシーショック、けいれん、 肝障害、無顆粒球症、白血球減少などの症状に念のため注意してください。
アレグラ服用後に何らかの身体の異常をきたした場合は服用を中止してすぐ受診してください。
腎臓障害、肝障害、てんかんのある方、高齢者の方は副作用発現のリスクが高くなるためアレグラの服用に慎重な注意が必要です。
妊娠中・授乳中でも服用できますが、安全性は確立していないことと製薬メーカーの添付文書では授乳は避けるとの記載があることを留意してください。
併用禁忌薬は特にありませんが、マクロライド系抗生物質のエリスロマイシンなど飲み合わせがあまり良くない薬があるため、何らかの疾患で薬を服用している方はエリアスの服用を開始する前に医師か薬剤師に相談してください。
特に服用初期には眠気が現れることが稀にあるため、車の運転や危険な作業にはくれぐれも注意してください。
花粉症の原因は?花粉症は、身体の免疫機能が花粉を有害な物質と誤認することでおこります。
この誤認によって血液の中に花粉を排除するための抗体がつくられるようになります。
何年か花粉を吸いこみ続けているとこの抗体がどんどん作られていきます。
抗体が一定量以上になると、花粉を吸いこんだときにヒスタミンが大量放出されてアレルギー症状がでるようになります。
花粉症の症状花粉症の三大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。
くしゃみは花粉を吹き飛ばそうとする反応で、花粉症のくしゃみは数多く連発するのが特徴です。
鼻水は花粉を洗い流そうとする反応です。
水のようなサラサラした鼻水が出続けます。
鼻づまりは鼻の粘膜が炎症をおこして腫れ、空気の通り道がせまくなることによっておきます。
花粉症は目にも症状がでることがあります。
目の症状は、涙がでる、かゆくなる、充血するなどです。
花粉症はつらい症状が長期間続きますスギ花粉症は2月末から4月いっぱい、ヒノキ花粉症は5月から6月にかけて症状がでます。
スギとヒノキの両方の花粉にアレルギーがあると4カ月以上も症状が続きます。
その他の花粉にもアレルギーがあり、ほとんど一年中症状が出ているという人も少なくありません。
長く続く症状は日常生活に負担をかけて、QLO(生活の質)を落とすだけでなく、車の運転中の連続するクシャミはたいへん危険です。
花粉症対策は薬によるコントロールと、花粉を浴びないふだんの工夫が重要です。
日常生活の花粉対策免疫機能が過敏にならないように、花粉飛散時期のすこし前から薬をのみ始める。
睡眠不足、過労をさけて、体調管理をする。
風邪をひかないように気をつける。
外出しなければいけない用事はまとめて片づけるようにして、外出回数を減らす。
なるべく花粉を家の中に入れない工夫をする。
(玄関で花粉をはたき落としてから家に入る、布団を室内の窓際で干すなど)室内はこまめに掃除機をかける。
花粉対策グッズを活用する(花粉防止機能の高いマスクを使うなど)。
抗ヒスタミン薬とじんましんじんましんとは原因が食べ物や外的環境など原因が判明するものと、原因が特定できないものも多く、主な治療方法は、原因の除去か抗ヒスタミン薬の服用となります。
抗ヒスタミン薬には実は種類も多く、実際どの薬が自分の症状に合っているのかもよくわからず服用しているケースがあります。
現在では抗ヒスタミン薬にはさまざまな種類があります。
第一世代抗ヒスタミン剤は、古くからある抗ヒスタミン薬です。
強い抗ヒスタミン作用がある一方で、集中力の低下・眠気という副作用が一般的に言われており、自動車の運転や緻密な機械の運転は危険なのでしてはいけないなどのデメリットがあります。
不眠症だったり、強いかゆみのために夜中に目が覚めてしまうといった睡眠障害のある方にはこの副作用の眠気が逆にメリットとも捉えられているようです。
第二世代抗ヒスタミン剤は、さまざまな抗アレルギー作用があるため、喘息などの予防のためにも使われます。
原因不明の突発性じんましんは、一般的に第二世代抗ヒスタミン薬が使われ、じんましん発疹後1週間程度は症状がおさまっても予防的に服用します。
また、慢性じんましんの場合は継続的な服用で予防することも有用ですが、症状によっては薬が効いていないケースもあるため医師と相談のうえ他の薬に変更したりすることがあります。

副作用

の面では、第一世代抗ヒスタミン薬より眠気がおこりにくいというメリットがあります。
眠気がおこりにくいことで服用後の仕事や日常生活にも支障が少ないことで最近の動向としても人気がある薬と言われています。
ただし、眠気の副作用については、第一世代抗ヒスタミンでも眠気の来ない人がいたり、第二世代抗ヒスタミンでも眠くなるなど、個人差が大きいとも言われていますので、どの抗ヒスタミン薬が自分に合っているかを見極めるのは服用してみないとわからないことが多いのです。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.