アレグラ30mgは、花粉症などのアレルギー性鼻炎に即効性がある、眠くならない抗ヒスタミン剤

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

花粉症などのアレルギー性鼻炎に即効性がある、眠くならない抗ヒスタミン剤
有効成分:Fexofenadine(フェキソフェナジン)30mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
3箱11603480
5箱7963980
7箱6544578

商品の詳細

アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎に即効性がある抗ヒスタミン剤です。
花粉症の人が花粉を吸いこむと、ヒスタミンという物質が放出されて鼻の血管を拡張し、くしゃみや鼻づまりをおこします。
このヒスタミンの作用をブロックするのが抗ヒスタミン剤です。
最初に開発された抗ヒスタミン剤は、神経の鎮静作用があり眠気をもよおすのが欠点でしたが、この副作用がほとんどないのが新しく開発された第二世代の抗ヒスタミン剤です。
アレグラは塩酸フェキソフェナジンを成分にする第二世代抗ヒスタミン剤です。
第二世代の抗ヒスタミン剤は眠くならないこと以外に、 以下のようなすぐれた特徴があり、アレルギー性鼻炎の治療に広く使われています。
心臓への負担がなく、長期間の使用が可能即効性、持続性がある抗ヒスタミン剤はアレルギーの症状をおさえる薬で、アレルギーそのものを治療する薬ではありません。

ご使用方法

1日1錠(120mg又は180mgを服用)を服用します。
花粉が飛散するすこし前からのみ始めると、より効果的です。
胃薬、グレープフルーツジュースと同時にのむと効果がうすまることがあります。
アレグラはアトピー性皮膚炎、蕁麻疹などのアレルギー性皮膚炎にも効果があります。
※花粉症の治療、対策用に服用する場合、好発季節をの直前から服用を始め、好発季節終了の終了まで服用を継続することで効果的な花粉症対策ができるとされています。
アレグラの効能花粉症アレルギー性鼻炎(くしゃみ・鼻みず・鼻づまりの鼻症状)皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、湿疹など)かゆみじんましん虫さされなどによる皮膚炎主な副作用頭痛、眠気、吐き気、発熱、めまい、腹痛、胃腸炎、食欲不振、喘息、倦怠感、かゆみ、発疹、じんましん、潮紅、血管浮腫など上記はすべての副作用を記載したわけではありません。
上記以外にも気になる症状が出た場合はすぐに医師に相談してください。
注意事項飲み合わせのよくない薬もありますので服用の際は薬剤師や医師に現在服用中の薬について相談してください。
用法容量を守り、誤って1回分以上の薬を服用した場合は、薬剤師や医師に相談してください。
他の薬を服用している方は、服用前に薬剤師や医師に相談してください。
妊娠・授乳中の方は服用を控えてください。
花粉症の原因は?花粉症は、身体の免疫機能が花粉を有害な物質と誤認することでおこります。
この誤認によって血液の中に花粉を排除するための抗体がつくられるようになります。
何年か花粉を吸いこみ続けているとこの抗体がどんどん作られていきます。
抗体が一定量以上になると、花粉を吸いこんだときにヒスタミンが大量放出されてアレルギー症状がでるようになります。
花粉症の症状花粉症の三大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。
くしゃみは花粉を吹き飛ばそうとする反応で、花粉症のくしゃみは数多く連発するのが特徴です。
鼻水は花粉を洗い流そうとする反応です。
水のようなサラサラした鼻水が出続けます。
鼻づまりは鼻の粘膜が炎症をおこして腫れ、空気の通り道がせまくなることによっておきます。
花粉症は目にも症状がでることがあります。
目の症状は、涙がでる、かゆくなる、充血するなどです。
花粉症はつらい症状が長期間続きますスギ花粉症は2月末から4月いっぱい、ヒノキ花粉症は5月から6月にかけて症状がでます。
スギとヒノキの両方の花粉にアレルギーがあると4カ月以上も症状が続きます。
その他の花粉にもアレルギーがあり、ほとんど一年中症状が出ているという人も少なくありません。
長く続く症状は日常生活に負担をかけて、QLO(生活の質)を落とすだけでなく、車の運転中の連続するクシャミはたいへん危険です。
花粉症対策は薬によるコントロールと、花粉を浴びないふだんの工夫が重要です。
日常生活の花粉対策免疫機能が過敏にならないように、花粉飛散時期のすこし前から薬をのみ始める。
睡眠不足、過労をさけて、体調管理をする。
風邪をひかないように気をつける。
外出しなければいけない用事はまとめて片づけるようにして、外出回数を減らす。
なるべく花粉を家の中に入れない工夫をする。
(玄関で花粉をはたき落としてから家に入る、布団を室内の窓際で干すなど)室内はこまめに掃除機をかける。
花粉対策グッズを活用する(花粉防止機能の高いマスクを使うなど)。
抗ヒスタミン薬とじんましんじんましんとは原因が食べ物や外的環境など原因が判明するものと、原因が特定できないものも多く、主な治療方法は、原因の除去か抗ヒスタミン薬の服用となります。
抗ヒスタミン薬には実は種類も多く、実際どの薬が自分の症状に合っているのかもよくわからず服用しているケースがあります。
現在では抗ヒスタミン薬にはさまざまな種類があります。
第一世代抗ヒスタミン剤は、古くからある抗ヒスタミン薬です。
強い抗ヒスタミン作用がある一方で、集中力の低下・眠気という副作用が一般的に言われており、自動車の運転や緻密な機械の運転は危険なのでしてはいけないなどのデメリットがあります。
不眠症だったり、強いかゆみのために夜中に目が覚めてしまうといった睡眠障害のある方にはこの副作用の眠気が逆にメリットとも捉えられているようです。
第二世代抗ヒスタミン剤は、さまざまな抗アレルギー作用があるため、喘息などの予防のためにも使われます。
原因不明の突発性じんましんは、一般的に第二世代抗ヒスタミン薬が使われ、じんましん発疹後1週間程度は症状がおさまっても予防的に服用します。
また、慢性じんましんの場合は継続的な服用で予防することも有用ですが、症状によっては薬が効いていないケースもあるため医師と相談のうえ他の薬に変更したりすることがあります。

副作用

の面では、第一世代抗ヒスタミン薬より眠気がおこりにくいというメリットがあります。
眠気がおこりにくいことで服用後の仕事や日常生活にも支障が少ないことで最近の動向としても人気がある薬と言われています。
ただし、眠気の副作用については、第一世代抗ヒスタミンでも眠気の来ない人がいたり、第二世代抗ヒスタミンでも眠くなるなど、個人差が大きいとも言われていますので、どの抗ヒスタミン薬が自分に合っているかを見極めるのは服用してみないとわからないことが多いのです。
主な第一世代抗ヒスタミン薬アレグラテルファスト(アレグラのジェネリック)ジルテックセチリジン(ジルテックのジェネリック)ザイザルロラクリア(クラリチンのジェネリック)アレジオンエバステル副作用・注意事項アレグラ錠の主要な副作用は以下となります。
頭痛、眠気、吐き気など※この商品の使用により不快な副作用が現れた場合、使用を中止して医師にご相談ください。
※過剰量を服用した場合、直ちに医師にご相談ください。
※副作用をよび使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.