アンチデップ(塩酸イミプラミン)75mgは、いろいろな抗うつ剤が販売されているなかでもっとも歴史が古く、三環系抗うつ剤として知られています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

いろいろな抗うつ剤が販売されているなかでもっとも歴史が古く、三環系抗うつ剤として知られています!
有効成分:塩酸イミプラミン 75mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱36803680
2箱24904980
3箱20936279
5箱17168580

商品の詳細

アンチデップ(塩酸イミプラミン)25mgという医薬品は、いろいろな抗うつ剤が販売されているなかでもっとも歴史が古く、三環系抗うつ剤として知られています!
抗うつ剤は、何かと高く処方されることが多いなか、アンチデップ(塩酸イミプラミン)25mgは、イミドール・トフラニールのジェネリックとなり、安く処方がされることも特徴となっています!
服用することによってうつ状態にありがちな無気力・落ちこみの症状を改善し、意欲を向上させるはたらきが高くあることで知られています。
また、心身的な要因がもとで起きてしまう幼児のおねしょの防止にも役立てることができます。
5歳以上の幼児から高齢者まで幅広い年代の方に服用することができ、1日50mgからの服用がすすめられています。
うつ状態やうつ病などの精神疾患の症状は、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリン・セロトニンの分量が不安定なために起こってしまいます。
アンチデップ(塩酸イミプラミン)25mgは、服用することによって、ノルアドレナリン・セロトニンをバランスよく発生させ、症状をスムーズに改善させることができます。
神経系に直接アプローチすることから神経の高ぶりや気分の過剰な高揚、抑うつの症状から安定した精神状態と整えていく効果も挙げられています。
アンチデップ25mgの有効成分である塩酸イミプラミンは、うつ病やうつ状態の治療薬として用いられているなか、夜尿症や遺尿症の傾向がある子どもにも処方されることがあり、内科や心療内科をはじめ、小児科でも処方があります。
田辺三菱製薬社からはイミドール、日本国内に留まらず海外ではTipramine、Norfranilという名称での販売があります。
これらと比較をすると、神経因性疼痛の症状にも効果があることからたくさんの作用を兼ね備えた医薬品であることがわかります。

ご使用方法

うつ病・うつ状態の治療の場合:1日最大で75㎎から開始し、1週間の服用後に徐々に増やします。
1日の最大服用量は150~200㎎ですが、重度の場合は300㎎まで増やすことがあります。
減薬は必ず医師の維持のもと行います。
遺尿症の治療の場合:5~8歳の場合は1日に20~30㎎、9~12歳の場合は1日に25~50㎎、12歳以上は1日に75㎎を最大として食後に服用。
65歳以上の場合は1日に10mgから開始し、10日以上かけて1日の服用量を徐々に増やして30~50mgまで増やします。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 血圧の上昇、起立性低血圧、心ブロック、心電図の異常、動悸、不整脈、頻脈など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.