アンドロフォルテ(男性ホルモン5%クリーム)は、【グローミンの数倍の効果

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

【グローミンの数倍の効果!】男性クリニックでは1本30000円ほどする人気の男性ホルモン剤!芸能人や富裕層の男性愛用!海外個人輸入だから可能な低価格。男性の更年期によるやる気低下、うつ病、不眠、勃起不全(ED)、精力や性欲低下などを根本から改善。
有効成分:テストステロン5%


セット数1箱あたり通常価格  
1箱2180021800
2箱1940038800
3箱1826754801
5箱1736086800
10箱16680166800

商品の詳細

男性の更年期障害の症状の原因となるテストステロン分泌量の低下を改善するホルモン補充療法に用いられる有名な男性ホルモン剤です。
女性の場合では、加齢によって40代前後から女性ホルモン値が低下して、更年期症状を呈することは多くの方がご存知でしょう。
男性においても、加齢によって男性ホルモンであるテストステロン値が低下することにより、LOH(late onset hypogonadism)症候群とよばれる症状が起こることがあるのです。
テストステロンの分泌は、男性の場合では、第二次性徴期から急上昇することがわかっています。
30歳頃までは高い数値で維持されていますが、その後は加齢とともに衰え、40歳代後半から顕著に減少していくのです。
特に40歳代は仕事にも役職がついてきて、責任者としてのポジションを任されるようになってくることが多いので、もともと精神的に不安定になりやすいと言われています。
さらにテストステロンの低下によってホルモンバランスの乱れが起こることで、女性で言うところの更年期症状のような症状が現れるのです。
LOH症候群は、うつや認知機能の低下といった精神症状や、骨粗鬆症や心血管疾患、インスリン抵抗性の悪化やコレステロール値の上昇といった身体症状としてもあらわれ、メタボリック症候群のリスクファクターとなります。
その他にも勃起力が低下する陰萎や勃起が不十分なうちに射精してしまう遺精など、性機能の低下も現れてきます。
これらの症状は、男性ホルモンであるテストステロンを外部から医薬品として補充することによって、改善を期待することが出来るのです。
市販されている薬剤の多くは、テストステロンが1%含まれているものがほとんどであり、濃度が低いことから限定的な作用しか期待できません。
男性クリニックでも使用される本剤では、5%のテストステロンが含有されているので、より高い効果が期待できるのです。
また、飲み薬として経口投与すると、肝臓で分解されてしまうために十分な効果が期待できませんが、塗り薬として塗布することによって、肝臓を介さずに体内に吸収させることが出来るのです。
LOH症候群とテストステロン補充男性更年期は皆が経験する症状で、男性ホルモンの低下により様々な不快な症状が現れます。
この男性更年期の原因はLOH症候群と呼ばれ、「ためしてガッテン」でも取り上げられる男性がみな経験する症状です。
男性の更年期障害?LOH症候群(NHK) 男の更年期障害(NHK)症状は多岐に及びますが、テストステロン量が加齢で低下すると、やる気の低下、うつ病、勃起不全、性欲低下、不眠、筋力の低下など男性らしさが低下します。
男性にとって辛い時期でありますが、人生の後半のスタート時期でもありホルモン補充により快適に更年期をクリアすることができます。
※特に富裕層の男性が国内のクリニックで当ホルモン剤を購入されて快適な更年期、生涯現役を楽しまれているようです。
国内のクリニックでも処方される男性ホルモン剤で健康保険が適用されないため1本あたり30000円(+診断コスト及び他の費用)ほどで販売されています。
くすりエクスプレスでは海外医薬品サプライヤーから直接仕入れることでホルモン剤を可能な限り低価格で提供いたします。
テストステロンは男性にとって必須のホルモンで、男性の生殖器の成長、維持、性欲、筋肉量の維持や成長など男性らしさには欠かせない要素です。
アンドロフォルテ5%は、毎日皮膚に塗ってテストステロンを補充する男性ホルモン補充剤です。
「男も「更年期」がわかると楽になる(はらたいらさん著)」 近年では男性にも更年期があることは一般的に知られていますが、初めて広く話題に上がったのは「故はらたいらさん」が男性の更年期でご自身が経験した辛い経験を著書「男も「更年期」がわかると楽になる」で発表されたのがきっかけと言えるでしょうか。
現在ではLOH症候群(男性ホルモン分泌量が減少して起こる症状)とも呼ばれており、治療法として減少した男性ホルモン(テストステロン)を服用薬や塗り薬で補充するホルモン補充療法も一般的になりました。
その当時は更年期障害と言う症状は女性だけのものと思われていましたが、中高年男性においても男性ホルモン分泌量が減少して起こる心身の不調だということが明確になりました。
今では男性の更年期やLOH症候群は我慢ではなく、ホルモン補充という治療方法も取り入れられるようになりました。
以下、故はらたいらさん著書からの引用です。
「俺もそうだ!
」と感じる男性は非常に多いと思います。
『最初に気付いた症状は、だるさ、気力のなさ、集中力の低下などです。
新聞を読んでも頭に入らない。
机に向かって漫画を描こうとしても“よしやるぞ!
”という元気がわいてこない。
おかしい。
こんなこと今までになかった。
どうしたんだろう。
』 『めまいや肩こりなど肉体面での不調もありました。
』 『生まれて初めて経験する“心と体の絶不調”にただオロオロと戸惑うばかりでした。
』国内クリニックとの価格比較 クリニックで処方 男性ホルモン5%クリーム 男性ホルモン5%クリーム 成分:テストステロン5% 成分:テストステロン5% 内容量:50g 内容量:50g ※保険適用外 ※診断コスト、その他コストあり ※複数セット割引なし ※送料無料・その他コスト無し ※複数セット割引あり 1本:約30000円(+関連費用) 1本:16680~21800円 使用方法効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
男性ホルモン分泌不足による性器の神経衰弱の諸症(勃起力減退、早漏、陰萎、性欲欠乏、性感減退、遺精) 睾丸欠落症、先天性睾丸発育不全。
脳下垂体性腺ホルモンが無効の潜伏睾丸など 女性恥部無毛症、乳汁分泌抑制 適当量を局所に塗擦するようにして下さい。
男性では2㎝/回を朝・晩の1日2回、陰のう、あご下または腹部等の全体に擦り込んでください。
(症状改善後は、1日1回で様子を見るようにして下さい。
) 女性では、0.3㎝/回を1日1回、患部に擦り込んでください。
膣粘膜への適用は避けるようにして下さい。

ご使用方法

、使用量は医師とご相談ください。
男性ホルモン剤の使用後は最低でも6時間はシャワー、入浴、プールでの水泳などはお控えください。

副作用

使用上の注意副作用としては「発疹、赤み、かゆみ、かぶれ、水疱、にきび、腫脹」などが報告されています。
これら以外においても、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
医師の治療を受けている方、排尿困難を伴わない前立腺肥大症の方、医薬品でアレルギー反応が出たことのある方、重度の心臓病、腎臓病、肝臓病、高血圧またはその既往歴のある方においては、テストステロン補充薬の使用前に医師に相談をするようにして下さい。
また、次に該当する方は、本剤は使用できませんので、ご注意ください。
本剤の成分に対しアレルギー症状を起こしたことがある方、アンドロゲン依存性腫瘍(前立腺腫瘍、乳腫瘍など)、妊婦または妊娠している可能性のある女性、授乳中の方、小児、排尿困難を伴う前立腺肥大のある方、前立腺検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上の方、睡眠時無呼吸症候群の方競技者はテストステロンの使用がドーピング結果にて陽性反応を起こすことがありますのでご留意ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.