アーモトラズ(アナストロゾール)1mgは、エストロゲン陽性乳がんの進行を抑える乳がん治療薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

エストロゲン陽性乳がんの進行を抑える乳がん治療薬。
有効成分:アナストロゾール1mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱48804880
2箱36407280
3箱32939879
5箱283614180

商品の詳細

エストロゲン陽性乳がん治療薬のアナブレツ1mg!
閉経後の女性が罹患しやすいエストロゲン陽性乳がんの進行抑制に効果あり!
女性ホルモンのメカニズムへ働きかけ、乳がんの増殖を促すホルモンの活性化を防ぎます。
有効成分アナストローズが配合されている薬剤として日本ではアリミデックスの商品名で販売されているお薬です。
女性は性ホルモンとしてエストロゲンを多く持っていますが、エストロゲンの分泌量が多い時期が長く続くほど乳がんにかかる確率が高くなります。
しかしエストロゲンは女性にとって大切なホルモンです。
エストロゲンはエストロゲン受容体と結合して乳腺などに直接的に働きかけ、母乳を作るなど育児のために必要な役割を担っています。
しかし、性ホルモンなので閉経後にはエストロゲンの量は減少します。
そして、エストロゲンが減少してしまうので、エストロゲン受容体は少しでもエストロゲンを受け止めようと増殖していきます。
しかし、閉経後に体内でエストロゲンが作られなくなると、副腎で作られる男性ホルモンが脂肪に含まれるアロマターゼという酵素によってエストロゲンに形を変えてしまう事が明らかとなりました。
そのため、閉経後でもエストロゲンの分泌が維持され、乳がんになる確率が高くなっているのです。
アーモトラズ(アナストロゾール)1mgの有効成分アナストロゾールは、男性ホルモンをエストロゲンに変換する酵素アロマターゼの働きを阻害する役割を持っています。
そうして、男性ホルモンがエストロゲンに変換されることを防ぎ、結果としてがん細胞の増力を抑えてくれているのです。
この作用が、乳がんの進行を著しく遅らせることが出来ることが明らかとなっており、ある臨床研究では96%のアロマターゼ活性化を抑えてくれたという知見が得られています。

ご使用方法

目安として、成人で1日に1回服用します。
使用をし忘れた場合はすぐに1回分を使用し、次回の使用時間が近い場合は次回から服用し、一度に2回分を使用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意ほてり、疲労、嘔吐、食欲の不振、下痢、頭痛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.