イクセル50mg (トレドミン)は、成分トレドミンのSNRI(第4世代抗うつ剤)で、副作用が軽減された抗うつ薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

成分トレドミンのSNRI(第4世代抗うつ剤)で、副作用が軽減された抗うつ薬。
有効成分:Milnacipran hydrochloride(塩酸ミルナシプラン)50mg

商品の詳細

イクセル50mg(トレドミン)は、第4世代の抗うつ剤(SNRI)で、日本でも2000年に販売がスタートした日本で唯一認可されているSNRI(第4世代抗うつ剤)です。
SNRI(第4世代抗うつ剤)は、過去の抗うつ剤と比較して副作用が低いことが特徴です。
日本ではヤンセンファーマ、旭化成ファーマが同成分「ミルナシプラン塩酸塩」配合のジェネリックをトレドミンという医薬品名で販売しており、ジェネリック薬では東和製品が販売しています。
SNRIと呼ばれる第4世代の抗うつ剤は、セロトニン・ノルアドレナリン取り込み阻害薬で、脳内伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの分泌を促進して気分の落ち込み、意欲の低下などうつ病や不安障害などを改善する抗うつ剤です。
トレドミンはうつ病の症状では中度から重度のうつ症状に高い効果を表すことと、慢性の疼痛の改善効果も評価されているお薬です。

ご使用方法

成人においてトレドミンを1日25mg(1/2錠)の服用からスタートして1日100mg(2錠)まで増量できます。
食後に服用し、1日2、3回に分けて服用します。
高齢者の服用は増量は1日60mgまでとします。
トレドミンの休薬トレドミンに限らず、抗うつ剤や安定剤などの服用を中止する場合は徐々に服用量を減らすことで徐々に行います。
急に服用を停止すると症状が悪化したり、症状が戻ったり、またはお薬の依存症状が現れる場合がありますので、突然の服用停止は行わないません。
うつ病の症状が改善したと感じる場合も、急な服用中止は行わず、お薬を減量して半年や1,2年など、少量を継続して服用して休薬することが普通です。
自己判断の突然の服用停止は控え、好しや専門家の判断に基づいた服用を順守します。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.