イトリゾール錠(イトラコナゾール)100mgは、爪水虫の治療薬イトラコナゾール配合のお薬でイトリゾール錠のジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

爪水虫の治療薬イトラコナゾール配合のお薬でイトリゾール錠のジェネリック医薬品です。市販のお薬や塗り薬では治らない爪水虫にも有効性の高いお薬で、皮膚科でも処方される抗菌薬です。
有効成分:Itraconazole(イトラコナゾール)100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱38803880
2箱27905580
3箱24277281
5箱211610580

商品の詳細

有効成分「イトラコナゾール(Itraconazole)」の抗菌薬で、国内ではイトリゾール錠として処方される市販薬では治らない「爪水虫」の治療薬として有名です。
勿論、爪以外の水虫の治療にも有効で、皮膚科ではイトリゾール錠(イトラコナゾール)、ラミシール錠(テルビナフィン)が処方されやすい抗菌薬です。
爪水虫や進行した治りにくい水虫は、服用薬の成分で体内から爪や指の間などに発症した白癬菌を殺菌して治療します。
手、足、皮膚などの治りにくい「真菌感染症」や口腔、性器、食道等への「カンジタ症」、眼の感染症など、広範囲の真菌感染症の治療に用いられます。
「真菌感染症」は、人体に真菌が繁殖し、その結果さまざまな症状を起こす感染症です。
真菌感染症は免疫力が低下した場合などに発症すると言われています。
スポラノックスの有効成分イトラコナゾールが感染原因の真菌を殺菌または増殖を抑制することで真菌症の治療に効果を発揮します。
日本国内でもイトラコナゾール配合の医薬品が発売されています。
イトリゾールは有効成分としてイトラコナゾールを配合した抗真菌薬です。
水虫菌(白癬菌)などの真菌を殺菌する作用を有した医療用医薬品で、国内では「イトリゾールカプセル」や「イトリゾール内容液」などの薬剤名で1993年より販売されているお薬で、トリアゾール系の真菌薬に分類されます。
水虫の原因となる白癬菌はカビの一種です。
足以外にも様々な部位に感染し、爪に感染した爪白癬、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、頭部白癬(しらくも)なども同様です。
真菌とは細菌やウイルスよりも大きく、体内で人の細胞に定着し、菌糸が成長と分枝によって発育していく寄生虫です。
イトリゾールはエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜をの生合成を阻害して、真菌の発育を抑制することで殺菌的に抗真菌作用を発揮します。
イトリゾールは水虫菌以外にも、カンジダやクリプトコックス、アスペルギルスなどの真菌にも適応があります。
これらの内臓真菌症は、ふだん健康な人には感染しませんが、抵抗力が落ちている方に感染し、重症化しやすいのが特徴です。
特に「膣カンジダ」は5人に1人が感染すると言われている性感染症です。
腟カンジダは治療して一度治っても、ホルモンバランスの変化や免疫力の低下によりカンジダ菌が異常増殖すると、再発してしまうこともあります。
腟カンジダの典型的な症状は、大量のおりものと外陰部のかゆみです。
とても強いかゆみが特徴で、感染による炎症が強い場合は痛みを感じることもあります。
おりものについては、ヨーグルトやカッテージチーズのように白濁しているので、すぐに気づく方が多いです。
感染が進行すると、外陰部と膣に炎症を起こし、赤くなり稀に熱っぽくなることもあります。
性交(セックス)の際に陰部の痛みがでるのも症状の一つです。
膣カンジダはなるべく早くイトリゾールを服用するのがポイントです。
ただし、イトリゾールは医師の処方箋が必要な医療用医薬品のため、国内では初めて服用する際、医師による診断が義務付けられています。
再発の場合は、自己判断で服用いただけるお薬です。
服用方法用法用量は適応症によって異なります。
水虫の治療には通常成人に対し、イトリゾール100mgを1日1回食直後に服用します。
「食直後」とは食後10分以内のことです。
ご年齢や症状により、1日1回2錠(計200mg)まで増量可能です。
ただし、1日の最高用量は200mgまでと定められています。
水虫(白癬菌)以外の治療の場合、通常成人に対し、イトリゾール100mgを1日1回食直後に服用します。
1日に2回以上の服用は、思わぬ副作用が現われる可能性があるため控えてください。
イトラコナゾールは犬、猫にも使用できます。
犬の場合は、体重約0.45kgに着き2.5mgを1日に1、2回投与するのが目安です。
猫の場合は、体重約0.45kgに着き2.5~5mgを1日に1、2回(12~24時間おきに)投与するのが目安です。
詳しくは獣医師とご相談ください。

副作用

注意事項国内の臨床試験の結果、副作用として肝機能障害が報告されています。
具体的には、AST(GOT)やALT(GPT)の肝機能値が上昇することです。
肝臓系の疾患のある方は、服用に際して必ずかかりつけ医に相談の上で服用を検討してください。
その他の副作用として、胃不快感(胃がもたれたり、ムカムカする症状)、嘔気(吐き気がする症状)、発疹などが報告されています。
血液をサラサラにするお薬であるワルファリン(ワーファリン)を服用中の方は、イトリゾールの服用により出血しやすい(血が止まりにくくなる)症状が報告されているため、原則併用はできません。
妊娠中の方も服用いただけません。
胎児への影響を避けられないお薬です。
授乳中の方は、イトリゾール服用中の授乳は避けてください。
乳汁中にお薬の成分が移行することが報告されています。
空腹時(胃が空っぽの状態)では、お薬がうまく吸収されませんので、食後10分以内に必ず服用するようにしてください。
※副作用をよび使用上のご注意はここに記載の限りではありません。
;
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.