イバビッド5mg(イバブラジン)は、安定狭心症や慢性心不全、冠動脈疾患などの治療に用いる薬として知られています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

安定狭心症や慢性心不全、冠動脈疾患などの治療に用いる薬として知られています。一般的な医薬品とは違った作用機序があり、心拍数を下げながら冠動脈疾患や安定狭心症、慢性心不全などの症状を有効に改善していきます。
有効成分:イバブラジン 5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱1299012990
2箱1199023980
3箱1166034980

商品の詳細

イバビッド(イバブラジン)5mgという医薬品は、安定狭心症や慢性心不全、冠動脈疾患などの治療に用いる薬として知られています!
If電流という心拍調整を行う機能が流れを抑制し、心筋の機能には影響を与えることがありません。
そのため、心機能の低下が認められている場合でも安心して服用することができます。
一日2回の服用で、一ヶ月程度様子を見てから症状に応じて服用する量を調整しながら治療をしていきます。
生理機能が低下している高齢者の方ははじめは少ない用量からの服用が勧められており、妊娠中・授乳中の女性は、服用を制限されています。
イバビッド(イバブラジン)5mgは、一般的な医薬品とは違った作用機序があり、心拍数を下げながら冠動脈疾患や安定狭心症、慢性心不全などの症状を有効に改善していきます。
このような症状に用いられる医薬品は、心停止につながることを危惧されていましたが、イバビッド(イバブラジン)5mgは、その欠点を改善した製法をされ、心筋の酸素消費量をバランスよく整えることができます。
心臓収縮機能や房室伝導を抑制させることなく安全に心拍数の上昇をコントロールすることができます。
イバビッド(イバブラジン)5mgは、安定狭心症や慢性心不全、冠動脈疾患などの疾患を未然に予防するだけではなく、発症してからも有効に作用し、手術時にも用いられることがあります。
イバビッド(イバブラジン)5mgの医薬品ひとつで心拍数を安定させることができるため、他の医薬品との併用は必要がないことも明らかになっています。
海外ではProcoralan、Coralan、Coraxan、Corlentorという名称にて販売がされているなか、これらと比較をしてみますと血圧や血液と深い関わりのある心筋の機能を低下させることなく高まってしまった心拍数を安定させる作用が認められています。

ご使用方法

冠動脈疾患の場合:1日に2回、1回当たり5mgを食事中に服用から開始し、3,4週間後に症状に合わせて1回当たり7.5㎎を1日に2回服用。
治療開始後に1分間の安静時心拍数が50以下となった場合や、めまい、疲れなどが出た場合は1回当たり2.5㎎まで減らします。
心拍数が50未満、徐脈が継続する場合は使用を中止します。
慢性心不全の場合:1日に2回、1回当たり5mgを食事中に服用から開始します。
治療開始2週間後に1分間の安静時心拍数が60以上の場合、1日2回、1回当たり7.5㎎、50未満の場合や、めまい、疲れなどが出た場合は1回当たり2.5㎎を1日2回まで減らします。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、頭痛、失神、好酸球の増加、高尿酸血症、目のカスミ、房室ブロック、動悸、じんましん、低血圧など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.