イルベサルタン(イルベタン錠ジェネリック)150mgは、高血圧の治療薬ですが、糖尿病性腎症にも効果があると言われるお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

高血圧の治療薬ですが、糖尿病性腎症にも効果があると言われるお薬
有効成分:イルベサルタン 150mg


商品の詳細

イルベサルタン(イルベタン錠ジェネリック)150mgという医薬品は、高血圧の症状に効果的な治療薬として知られています!
医薬品の多くは比較的高価格なことが現状となっているなか、イルベサルタン(イルベタン錠ジェネリック)150mgは、ジェネリック医薬品に分類されているため、処方を安く受けられるところも大きな特徴となっています!
アンジオテンシンII拮抗薬(ARB)では最初とされ、糖尿病性腎症にも効果が期待できる医薬品として多くの医療機関で取り扱いがあります。
一日一度の服用で、医薬品にありがちな食前・食後の服用の決まりがなく、いつ服用しても作用が持続し、亜身体に負担となる副作用が少ないことも大きな特徴となっています。
高血圧症や糖尿病腎症は原因がはっきりと定まっていないことも少なくあり、そのような症状の治療薬としてイルベサルタンは、代表的な医薬品として用いられています。
高血圧症の患者数は、日本国内でも4人に1人がかかっているとも言われ身近な疾患として認識されているなか、イルベサルタンは、血液量を増加させたり、血管の抵抗力を高めるはたらきもあります。
イルベサルタンは、服用することでゆったりとしたスピードで体内へと吸収がされるため、長時間作用を持続させ、24時間の作用をも得ることができます。
腎臓の保護効果も臨床試験の結果から高く認められているため、海外では糖尿病と高血圧症の合併による疾患の治療薬としても代表的に取り入れられています。
大日本住友製薬や塩野義製薬からはイルベタン錠という名称での販売があり、日本国内の留まらず海外での販売も多数上げられています。
それらの医薬品との比較をしてみると、他の医薬品との併用をしてもお互いの医薬品の効用を壊すことなく有効に体内へとはたらきかけることができるところも大きな特徴となっています。

ご使用方法

高血圧症(本態性)の治療の場合:成人で1日に1回150mgを服用。
症状が改善しない場合は服用量を300㎎まで増やすか他の降圧剤と併用が可能。
糖尿病性腎症を合併する高血圧の場合:成人で、1日に1回150mgを服用。
症状が改善しない場合は服用量を300㎎まで増やすことが可能。
75歳以上の高齢者は1日1回75㎎からの服用開始が推奨されます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 副作用については、医師、薬剤師とご相談ください。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.