インボカーナ(カナグリフロジン)100mgは、血糖値を下げる作用がある糖尿病のお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

血糖値を下げる作用がある糖尿病のお薬です。糖の吸収をおさえるお薬でインスリンには作用しないので、薬による低血糖発作の心配がありません。他の糖尿病治療薬と併用することができます。
有効成分:カナグリフロジン100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱97449744
2箱833716674
3箱786823604
5箱753537675

商品の詳細

血糖値を下げる作用がある糖尿病のお薬です。
糖の吸収をおさえるお薬でインスリンには作用しないので、薬による低血糖発作の心配がありません。
他の糖尿病治療薬と併用することができます。
日本ではインボカーナと同じ成分のお薬として、カナグル錠100mg 錠(田辺三菱製薬)があります。
糖尿病は生活習慣病の1つで、高血糖値が長年続くことでやがて血管障害や神経障害が起きる怖い病気です。
原因は過食によって血糖値が上がり膵臓がインスリンの大量分泌を強いられることです。
インスリンは血液中のブドウ糖をエネルギーに変える役割をするホルモンです。
インスリンの分泌過多が続くと膵臓が疲労してインスリンの分泌能力が低下します。
また食べ過ぎで肥満するとインスリン抵抗が高くなり、分泌されたインスリン効き目がわるくなります。
インボカーナは腎臓が糖を再吸収するのをおさえることで、過剰な糖分を尿の中に排泄して血糖値の上昇を防ぐ作用があります。
インスリンとは関係なく作用するので、インスリンの効きすぎによる低血糖症の心配がありません。
作用が違う他の糖尿病治療薬と併用されることが多いお薬です。
よぶんな糖を排泄するので体重を減らす効果も期待できます。

ご使用方法

成人で1日に1回、100㎎を朝食前か後に服用します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 めまい、頭痛、湿疹、便秘、口の渇き、下痢、胃炎など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.