ウジリブ(ウルソジオール)300mgは、ウルソ錠で有名な胆石、肝臓病の治療薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ウルソ錠で有名な胆石、肝臓病の治療薬なら。
有効成分:ウルソジオール 300mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱50195019
2箱39807960
3箱355710671
5箱317115855

商品の詳細

胆石と肝臓病の治療薬です。
コレステロールでできた胆石を溶かして胆汁の流れを良くします。
熊胆(ゆうたん)を成分にする「ウルソ」のジェネリック医薬品です。
日本ではウルシゾオールを主成分とするお薬として、ウルソ錠(田辺三菱製薬)、ウルソデオキシコール酸錠(日本ジェネリック)などがあります。
肝臓で作られる消化液の胆汁は一時胆嚢に蓄積されて、食後に胆管を通って十二指腸に分泌されます。
胆石は胆汁が固まって胆嚢や胆管に詰まる病気で、胆汁が分泌される食後に激しい腹痛をおこします。
胆石の成分はほとんどがコレステロールで、ウルソジオールは胆石を溶かして胆汁の流れを良くします。
胆石などによる胆汁の流れがとどこおることによって起きる肝臓病に効果があります。
大きな胆石や石灰化した胆石には効果がありません。
また、胆汁の分泌を促進する作用があり、古くからある民間薬の熊胆が消化不良などに用いられるように、消化器全般の不調を改善する効果があります。
また、2007年にはC型慢性肝炎の治療への適応が追加されました。
C型肝炎はインターフェロンなどの抗ウイルス薬で治療しますが、こうした治療の効果が不充分な場合や副作用がきつい場合に補助的にウルソジオールが使用されます。
※ こちらの商品は、簡易箱での配送になります。
予めご了承くださいますようお願いいたします。

ご使用方法

コレステロール系の胆石の溶解の場合:成人で、放射性での胆石の溶解を行った後、1日に1回、体重1kgあたり6~12㎎を就寝前に服用します。
原発性胆汁性肝硬変の方が肝機能を改善する場合:成人で、1日に体重1kgあたり10~15㎎を、2~4回に分けて食事と一緒に服用。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 食欲の不振、下痢、吐き気、腹痛、胃の不快感、便秘、じんましんなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.