エクセロン(リバスチグミン)6mgは、アルツハイマー型認知症の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

アルツハイマー型認知症の治療薬です。軽度から中程度までのアルツハイマー型認知症の進行を遅らせる作用があります。日本では内服薬としては未承認のお薬ですが、同成分を皮膚から吸収する張り薬のイクセロンパッチ(ノバルティスファーマ社)、リバスタッチパッチ(小野製薬)などが発売されています。
有効成分:リバスチグミン 6mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱48804880
2箱35907180
3箱32139639
5箱292814640

商品の詳細

アルツハイマー型認知症の治療薬です。
軽度から中程度までのアルツハイマー型認知症の進行を遅らせる作用があります。
日本では内服薬としては未承認のお薬ですが、同成分を皮膚から吸収する張り薬のイクセロンパッチ(ノバルティスファーマ社)、リバスタッチパッチ(小野製薬)などが発売されています。
日本のアルツハイマー型認知症の患者は人口の高齢化とともに進み、2015年には262万人だった患者がオリンピックの年の2020年には300万人に達すると推計されています。
年代で見ると、認知症の有病率は75~79歳では約6%、80~84歳では約12パーセント、85~90歳では約30%に達しています。
認知症は加齢によって脳が委縮するにともなって認知機能が低下し、人格の変化などが生じる病気です。
根本的な治療法はまだありませんが、エクセロンは記憶を司る脳内物質のアセチルコリンの減少を抑制して、認知症の進行を遅くする効果が認められています。
とくに初期から中程度の認知症に対して有効とされています。
米国ではパーキンソン病が原因の認知症にも用いられています。

ご使用方法

目安として、成人は1回あたり1.5mgを1日に2回の服用から開始します。
初回服用を継続し、2週間してから症状の経過を観て異常がない場合は1日に2回、1回当たり3㎎を限度として増量して服用します。
服用し忘れた場合、それに気づいてから早めに1回分を服用するか、次回の服用時間が近い場合は次回まで待ちます。
しかし1回で2回分を服用してはいけません。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 下痢、嘔吐、悪心、胃の痛み、消化管の出血、便秘、消化不良、めまい、頭痛、だるさなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.