エストロフェム 2mgは、卵胞ホルモン(エストラジオール)で、更年期障害の症状を改善するホルモン剤です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

卵胞ホルモン(エストラジオール)で、更年期障害の症状を改善するホルモン剤です。1日1錠を継続して服用することで、確かな効果を実感いただけます。
有効成分:エストラジオール2mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
3箱16604980
5箱12766380

商品の詳細

エストロフェムとは有効成分であるエストラジオールを含んだ卵胞ホルモン剤です。
女性ホルモンの中でも卵胞ホルモン(エストロゲン)が主に含まれており、日本国内で販売されている卵胞ホルモンよりも作用が強力なのが特徴です。
円状(丸型)の容器に入っているため、1日1回スケジュール通りに服用するのに便利です。
エストロフェム2mgでは、天然のエストラジオールを体内に吸収しやすいように加工された合成のエストラジオールを配合しているため、低用量でも充分に効果が期待できます。
強い生理活性を持っており、その活性はエストロンの5倍、エストリオールの10倍の活性があると言われています。
国内で販売されている「プレマリン」よりも体に優しい女性ホルモン供給剤です。

副作用

の発現率が「プレマリン」よりも少なく、更年期障害の治療や骨粗鬆症の予防など、様々な女性疾患に処方されます。
国内では類似した女性ホルモン製剤は販売されていますが、同一製剤は承認されていません。
卵胞ホルモンであるエストロゲンは閉経前後に少量を用いることで、更年期障害に伴う不快な症状を改善します。
中でものぼせや発汗など血管運動神経症状に効果が高いとされています。
閉経後の骨粗鬆症の予防にも効果があります。
他にも泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。
さらに、長期的な服用で閉経前の骨粗鬆症の予防効果も期待されています。
更年期障害は閉経期が近づく女性のエストロゲンの不足により様々な症状が発現します。
更年期症状の治療のために女性ホルモンを補充することを「女性ホルモン補充療法(HRT)」と言い、エストロフェムは世界中でHRTの代表的なお薬として処方されています。
女性ホルモンを補充するため、服用に際して注意が必要な疾患があります。
たくさん飲むことで症状がよくなる訳ではなく、副作用が発現しやすくなることもあります。
適切な用量を適切な用法で服用することが大切です。

ご使用方法

1日に回1錠を服用します。
飲み始めに、吐き気、乳房の張り、不正出血などの副作用がでることがありますが、ほとんどの場合飲み慣れると軽減します。
エストロフェム2mgは、通常成人女性に1日1回、1回1錠を服用いただきます。
円盤状のケースに28錠セットされています。
月経(生理)がある方は、月経開始日を1日目と数えて、5日目から服用を開始してください。
閉経後の方は、いつからお飲みいただいても問題ありません。
飲み忘れた場合は、すぐにその日の分を服用してください。
1日に2錠以上服用するのは危険です。
アラーム機能や専用のアプリを利用して、毎日一定時間に1錠を服用するように心がけてください。
主な副作用として、乳房の痛みや張り、経血量(生理のときの出血)の変化、吐き気、発疹、蕁麻疹、脱毛などが報告されています。
これらは女性ホルモンを補充することで付随する作用の一つです。
妊娠中の方、授乳中の方は服用できません。
また、乳がんや子宮頸がん・子宮体癌の疑いや治療中の方、既往歴がある方は症状悪化の可能性があるため服用いただけません。
肝機能が低下している方や、肝疾患のある方も原則服用いただけません。

副作用

女性ホルモン製剤の共通の副作用として、血栓症(血の塊ができて詰まる)が報告されています。
下肢の疼痛や浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、中枢神経症状(めまい、意識障害、四肢麻痺等)、急性視力障害等の初期症状があらわれた場合には服用を中止して医療機関を受診してください。
65歳以上のご高齢の方は減量する必要があるため、専門医を受診の上で服用を検討してください。
海外の臨床試験の結果では、卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤を併用している女性では、乳癌になる危険性が高くなる結果が出ています。
そのため、他の黄体ホルモン製剤(デュファストン、ヒスロン、プロベラ)との併用は慎重に検討してください。
更年期に分泌が減るエストロゲンはどんな役割を?妊娠・出産のための身体づくりをする。
コラーゲンの生成を促進して、肌に張りとつやを与える。
女性らしい丸みのある体つきを作る。
自律神経(交感神経と副交感神経)のはたらきを安定させる。
心の安定を保つ。
記憶力をよくする骨を丈夫にする。
血中コレステロールを調整して、血管を若く保つ。
エストロフェムはどんなときに飲むお薬ですか?閉経前後におきるさまざまなつらい症状(更年期障害)を和らげたいとき。
体型や肌の張りを保ってアンチエイジングしたいとき。
膣の潤いを取りもどして性交痛を和らげ、性感をアップしたい。
骨粗鬆症の進行を止めたい。
エストロフェムと性同一障害の方エストロフェムは性同一性障害の人も使用しています。
ニューハーフ、性同一性障害の人が女性らしい体型を作りたいときにも使用されるお薬です。
更年期障害は心と身体にさまざまな不調が出てくる病気です。
自律神経は身体のあらゆる作用に関係しているので、ホルモンバランスの変化によって自律神経が失調すると「不定愁訴」といわれるような多種多様の症状が現れます。
更年期障害の精神的症状不安、気分の急な変化、抑うつ、イライラ、不眠倦怠感、疲労感、意欲の低下更年期障害の身体的症状めまい、のぼせ、頭痛動悸、急な発汗肩こり、冷え症食欲減退、消化不良膣の乾燥、性交痛、性感の低下、性欲減退このような症状を個別に治療しようとしても効果があがりませんが、エストロゲンの補給で根本的に改善することが期待できます。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.