エビリファイ(アリピプラゾール)30mgは、エビリファイは統合失調症の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

エビリファイは統合失調症の治療薬です。当薬(アリップ/Arip)はエビリファイと同じ成分「アリピプラゾール30mg」配合のエビリファイジェネリック(後発薬)です。
有効成分:アリピプラゾール30mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱1026910269
2箱886217724
3箱846325389

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
エビリファイは統合失調症の治療薬です。
当薬(アリップ/Arip)はエビリファイと同じ成分「アリピプラゾール30mg」配合のエビリファイジェネリック(後発薬)です。
統合失調症の症状として、幻覚や妄想、極度の興奮などの症状を和らげ、感情の起伏を安定化させたり、やる気や意欲の改善効果があります。
統合失調症とは、極度の気分の高揚が起き、高まる状態を「陽性症状」とよび、気分が低下する状態を「陰性症状」と呼びます。
エビリファイは統合失調症の、陽性症状と陰性症状を緩和することで、安定的な精神状態を維持する効果を発揮するお薬です。
エビリファイのうつ病の治療大塚製薬の発表によりエビリファイは近年では統合失調症の治療以外に、アリピプラゾールとしてうつ病の治療にも用いられます。
既存の抗うつ剤で十分な効果が得られない場合に使用されますが、その場合、アリピプラゾールとして1日1回、3mgを服用します。

ご使用方法

統合失調症の治療1日1回エビリファイを10mg~15mgの服用から開始し、効果や症状により1日最大30mgまで増量します。
服用開始から十分日数をあけて増量します。
増量には最低でも14日間ほどかけて行います。
双極性障害の治療エビリファイの単体での治療か、補助的療法の目的で1日に1回15mgの服用で、症状や効果により1日30mgまで増量。
うつ病・うつ状態の場合既存の抗うつ剤での治療で効果が認められない場合に限定し、通常、成人の場合エビリファイをアリピプラゾールとして1日1回(3mg)を服用します。
増量する場合、1日の服用量15mg以内にし、増量幅としては3mgとする。
急な増量は必ず控えます。
効果効能統合失調症双極性障害うつ病の治療補助
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.