エムラクリームジェネリック (30g)は、エムラクリームジェネリックは、皮膚麻酔クリームとして脱毛前に汎用されています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

エムラクリームジェネリックは、皮膚麻酔クリームとして脱毛前に汎用されています。リグノカインとプリロカインという有効成分を配合し、その麻酔作用は約1時間持続します。手足のムダ毛処理や、わきやVラインの脱毛時にご使用いただけます。
有効成分:Lidocaine25mg(リドカイン)+Prilocaine(プリロカイン)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱43804380
2箱34406880
3箱30939279
5箱271613580

商品の詳細

エムラクリームジェネリックは皮膚表面の痛みを感じなくさせる局所麻酔剤で、レーザー脱毛の痛みをやわらげる皮膚麻酔剤「エムラクリーム」のジェネリック医薬品です。
エムラクリームはアメリカのアストラゼネカ社が開発した外用の局所麻酔剤です。
主に皮膚にレーザー照射療法をする際の疼痛緩和や、注射針・静脈留置針穿刺時の疼痛緩和に用いられるクリームタイプのお薬です。
国内では2012年に承認された比較的新しいお薬で、有効成分としてリドカインとプリロカインの二つの成分を配合しています。
二つの有効成分は共に細胞膜上の神経細胞に作用して、麻酔作用を有しています。
痛みを鎮める鎮痛作用ではなく、痛みを麻痺させる麻酔作用を持っています。
白色クリーム状のエムラクリーム以外に、貼るパッチ剤としても販売しています。
最大の特徴は大人だけではなく、小児に適応があり新生児から使用が可能な事です。
患者さんにとって治療や処置に伴う痛みは一時的な辛さでは終わらず、痛みが記憶として残ることで以降の処置が困難になるなど、長期的な影響が問題となっています。
特に小児の場合、痛みを伴う医療行為を受けることに大きな精神的負担を感じることから、治療や処置に伴う疼痛を緩和することは、お子さん本人と家族にとって急務でした。
世界ではすでに70カ国以上で使われており、大人への適応に続いて小児への適応が拡大されました。
痛みを伴う注射などの処置の前にエムラクリームを塗ることで、痛みを大幅に軽減することができます。
国内の臨床試験ではプラセボ(偽薬)と比較した結果、エムラクリームの有効性は偽薬に対して有意に高い結果を得ることができました。
エムラクリームジェネリック(Prilox)は、エムラクリームと同じ有効成分を同一量配合したお薬です。
エムラクリームと同様の効果を発現し、主に腕や脚のムダ毛、わきやVラインの毛の脱毛のときなどに汎用されています。
エムラクリームを塗った後、約1時間後に麻酔作用が発揮し、その効果は約1時間持続します。
他の麻酔作用のあるお薬との併用は控えてください。
エムラクリームの使用用途レーザー脱毛のときの痛みをやわらげるために使います。
腕や脚のムダ毛、わきやVラインの毛の脱毛のときなどに使用されています。

ご使用方法

まず脱毛したい部分の毛をよく剃ってください。
そこにエムラクリームジェネリックを厚めにぬります。
ぬったところに適当な大きさに切ったラップフィルムをかぶせて密閉します。
そのまま約1時間、麻酔効果があらわれるのを待ちます。
効果があらわれたら、クリームを洗い流してから脱毛器を使用します。
通常成人に対しては、レーザー照射予定部位又は注射針・静脈留置針穿刺予定部位に10cm2あたりに、エムラクリーム1gを密封法(ODT)により1時間塗ります。
クリームを円を描くように塗って下さい。
なお、1回あたりの塗布量は10gまで定められており、塗布時間は2時間を超えてはいけません。
密封法(ODT)とは、クリームを塗る部位をラップなどで覆うことで皮膚からの水分蒸発を防ぎ、角質層を水和させ(ふやけさせ)る方法です。
小児に対しても適応が認められていますが、年齢や体重を考慮して厳密な用量調整が必要です。

副作用

国内の臨床試験の結果、副作用として紅斑が33.0%、適用部位蒼白が8.2%、紅斑が1.0%、潮紅が1.0%、錯感覚が1.0%、ALT(GPT)増加が1.0%報告されています。
稀な副作用として、急性アレルギー症状であるアナフィラキシーショックが報告されています。
使い始めは必ず少量から塗り始め、不快感・口内異常感・喘鳴・眩暈・耳鳴・発汗・呼吸困難などの症状が現れた際は使用を中止し、医療機関を受診してください。
メトヘモグロビン血症のある患者さん、本剤の成分又はアミド型局所麻酔剤に対して過敏症の既往歴のある方は使用できません。
ポルフィリン症の患者さんに使用した場合、急性腹症、四肢麻痺、意識障害等の急性症状を誘発する恐れがあります。
また、妊娠中の方や授乳中の方は原則使用ができません。
エムラクリームは冷蔵庫での保管は避けて、室温(1~30℃)で保管してください。
お子さんやペットの手の届かない場所で保管し、保湿クリームなど他のクリーム剤と分けて保管するようにしてください。
妊娠中、妊婦の方への影響が特に研究されておりませんので、そのような方の使用はお控えください。
有効成分 Lidocaine25mg(リドカイン)+Prilocaine(プリロカイン) 内容量 30g
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.