エレトリプタン20mgは、片頭痛の症状を治療するお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

片頭痛の症状を治療するお薬です。頭の血管が拡張することによって起こる頭痛に対して、血管を収縮させる作用によって痛みを緩和させます。
有効成分:エレトリプタン臭化水素酸塩(Eletriptan)20mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
2箱17403480
3箱13273981
5箱10365180
10箱8288280

商品の詳細

エレトリプタンは、成分エレトリプタンを含有した片頭痛治療薬です。
インドのムンバイに拠点を置くIntas Pharma社が製造販売している片頭痛治療薬です。
ファイザー社のレルパックスのジェネリック薬になります。
エレトリプタンは、急な片頭痛の発作に効き即効性のあるお薬です。
片頭痛は、慢性頭痛の一つに分類されています。
慢性頭痛はの大多数は片頭痛で緊張型頭痛や群発頭痛があります。
片頭痛の発作のメカニズムは、脳の血管内の血小板という血液を固める細胞があり、その細胞からセロトニンと呼ばれる物質を過剰に放出されます。
過剰に放出されたセロトニン(血管を収縮させる物質)が、脳の血管を収縮するため血液障害が起こります。
その後、セロトニンの量が足りなくなることで血管は拡張します。
この時の血管の拡張が原因で片頭痛を発症します。
血管が拡張している際に、血管の周りの神経(三叉神経)が刺激され、サブスタンスP(血管のを拡張させたりする物質)などの物質を放出します。
エレトリプタンはトリプタン系薬に分類され、片頭痛の頭痛発作時に使用するためのお薬です。
片頭痛治療薬において特異的に作用し、発作を抑える効果があります。
このお薬の効き方は、セロトニン5-HT1受容体と呼ばれる場所に作用して不足した脳血管内のセロトニン量を増やします。
そうすることで、拡張した脳血管が収縮して片頭痛を改善させます。

ご使用方法

エレトリプタンの飲み方は、片頭痛発作の時にエレトリプタンを1回1錠 (20mg)服用してください。
効果がみられない場合、2時間以上あけて1錠(20mg)追加で服用することができます。
ただし、1日に最大で服用できる量は2錠(40mg)までなので注意してください。
それも改善しない場合は専門の病院へ受診してください。
お薬を服用してから約1時間で効果が最大になります。
効果の持続時間は約3時間(3.2時間)です。
※このお薬は頭痛時のみ使用してください。
予防としての使用はできません。

副作用

エレトリプタンの服用による軽度な副作用は、めまい、眠気、吐き気、口の中の乾燥、体のだるさがあります。
ただ、副作用のほとんどは一過性で軽度または中程度であるため、処置を行う前には症状が治っています。
重大な副作用にアナフィラキシーショック、不整脈や狭心症、心筋梗塞を含む虚血性心疾患症状、てんかんに似た発作、頻脈が稀にあります。
服用して上記のようながあらわれていたり、気になる症状が現れましたら、すぐに医師・薬剤師に相談してください。
使用上の注意次の人は、エレトリプタンを服用することができません。
過去に成分エレトリプタンを服用して過敏症を起こしたことのある方 心筋梗塞、虚血性心疾患またはそのような症状や兆候、異型狭心症を経験したことのある方やそのおそれのある方 脳血管疾患や一過性脳虚血性発作を経験したことのある方やそのおそれのある方 末梢血管障害や血圧のコントロールができていない方 ・重篤な肝障害の方 クリアミン配合錠(成分名:エルゴタミン)、ジヒデルゴット、エルゴメトリンF、メテルギンジ(成分名:ヒドロエルゴタミン)を服用している方。
同じ片頭痛治療薬のイミグラン(成分名:スマトリプタン)、ゾーミック(成分名:ゾルミトリプタン)、マクサルト(成分名:リザトリプタン)、アマージ(成分名:ナラトリプタン) 成分名:リトナビル、インジナビル、ネルフィナビルを服用中の方 授乳中の方 ・グレープフルーツジュースはエレトリプタンの作用が増強するおそれがありますので控えてください。
下記のお薬を服用している方は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
デプロメール/ルボックス(成分名:フルボキサミン)、パキシル(成分名:パロキセチン)、セルトラリン(成分名:ジェイゾロフト)、(成分名:ミルナシプラン)、サインバルタ(成分名:デュロキセチン) イトリゾール(成分名:イトラコナゾール)、ワソラン(成分名:ベラパミル)、マクロライド系抗生物質 小児、妊娠または妊娠している可能性のある方は禁忌ではありませんが安全性が確率していません。
これら以外にも、服用するのに注意が必要な場合があるので持病のある方は、医師・薬剤師に相談するようにしてください。
参考資料:レルパックス添付文書
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.