エンデース40(酢酸メゲストロールIP)は、エストロゲンが誘発するホルモン性のがんの治療薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

エストロゲンが誘発するホルモン性のがんの治療薬なら。
有効成分:酢酸メゲストロールIP 40mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱58805880
2箱44408880
3箱396011880
5箱337616880

商品の詳細

女性ホルモンの一つ“エストロゲン”が誘発している、ホルモン依存性のがんに有効な治療薬!
進行性上皮性悪性腫瘍の乳がんや子宮内膜がんの治療薬で、有効成分酢酸メゲストロールががんの進行を抑えてくれます!
がんの症状を緩和するだけではなく、その予防まで効果あり!
欧米で広く使われており、酢酸メゲストロールが配合される薬剤としてはエンデ―ス40が販売されています。
女性にとって、とても大切な女性ホルモン“エストロゲン”は、女性らしい体を作ってくれるホルモンです。
しかし一方で、乳がんや子宮内膜がんを引き起こす一つの要因であると考えられています。
エストロゲンは月経が始まると作用する女性ホルモンです。
そのため妊娠や出産の時期には一時的にホルモン量が減少します。
そのため、妊娠や出産を経験したことがない女性や、初潮が早かったり閉経が遅かったりする女性は、エストロゲンが分泌される期間が長くなり、エストロゲンに起因した乳がんや子宮内膜がんのリスクが高くなると言われています。
エストロゲンが作用するには、受容体と結合する必要がありますが、その結合を妨げることでがんの予防や症状の進行を抑制する働きを狙った治療がホルモン治療です。
ホルモン治療の一つとして注目されているのが、エンデ―ス40の有効成分である酢酸メゲストロールです。
酢酸メゲストロールはエストロゲン受容体と結合してしまうことで、受容体とエストロゲンの結合を阻害します。
それによってエストロゲンの活動を抑制し、がんの進行を防いだり、がんを予防する働きをしたりしているのです。
抗がん剤よりも副作用が少ないと言われており、ホルモン依存性のがんの治療薬として注目されています。
使用方法 乳がんの場合:1日あたり160㎎を4回に分けて服用します。
子宮内膜がんの場合:1日あたり40~320㎎を分けて服用します。
摂食障害の場合:1日当たり400~800㎎を分けて服用します。
効果が出るまで2カ月以上使用します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 吐き気、体重増加、息切れ、気分の変調、顔面の紅潮、発心、高血圧、脱毛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.