オエストロジェルは、更年期障害の改善を目的としたエストロゲン補充剤で、ジェルタイプです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

更年期障害の改善を目的としたエストロゲン補充剤で、ジェルタイプです。
有効成分:Estradiol 0.06% (エストラジオール)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱44824482
2箱32766552
3箱29348802
5箱260713035
7箱251817626
10箱236623660

商品の詳細

オエストロジェルは、膣の潤い不足からくる性交痛の解消や、肌のつやや乳房の張りなど女性らしさを保つアンチエイジングの薬としても使用されています。
また『MTF(女性化)』の人がバストアップ(豊胸)など、女性らしい体つきを作るためにも使用されます。
オエストロジェルは塗るタイプの女性ホルモン製剤です。
有効成分であるエストラジオールが0.06%配合されています。
オエストロジェルを塗ると皮膚から吸収されたエストラジオールが直接血中に取り込まれるため、高い効果が期待できます。
その上、錠剤に比べて血栓症などの副作用のリスクが少ないという非常に優れたホルモン製剤です。
主に男性向けの製剤で、美容効果や女性化効果が期待されており、日本国内では販売されていないお薬です。
MTF(Male to Female)という身体的には男性であるが、性自認が女性である性同一性障害の方には有名なお薬で、世界的シェアの高いお薬です。
女性化作用としては、乳房が大きくなったり、筋肉量が落ちたりする効果があります。
髪も女性化し、細くしなやかな髪質になります。
また、女性のようなしっとりなめらかな肌になることが期待され、皮膚がかぶれやすくなる方もいらっしゃいます。
思わぬ作用としては、薄毛や脱毛にも効果があります。
これは相対的に男性ホルモンの分泌が減ることで薄毛の改善効果が見られます。
MTFの方以外にも、更年期障害の改善として海外では使用されています。
オストロジェルには卵胞ホルモン(エストロゲン)であるエストラジオールのみが配合されており、女性の生理や妊娠などに関与する黄体ホルモン(プロゲストロン)は含まれていません。
天然成分が配合されているため、体への負担が少なく体調が安定しやすいのが特徴です。
作用時間は長く、1日に1回塗ることで24時間常に女性ホルモンが供給されるので、女性化が早く進むといわれています。
オストロジェルには少量のエタノールが含まれています。
エタノールとは消毒用アルコールのことで、 病院で注射をする時などに塗られるものと同一です。
このエタノールの成分によってオストロジェルを皮膚に塗ると、有効成分であるエストラジオールは速やかに皮膚の角質層に浸透し、角質層で一旦保持された後に、持続的に血中にエストラジオールを供給してくれます。
そのため、体内に緩やかに浸透し、血中の女性ホルモン濃度を一定に保ってくれます。
有効成分であるエストラジオールは角質層で保持されるので、吸収後はシャワーなどで洗い流しても効果が持続します。
運動による汗や雨に塗れても問題ありません。
オエストロジェルを毎日塗ることで身体の女性化が期待されますが、用量の調整には注意が必要です。
また、他のホルモン製剤との併用には注意が必要です。
オエストロジェルはどんなときに使うのですか。
40代後半から50代にかけて、いろいろな心身の不調(更年期障害)がでてきたとき。
中年以降も女性らしい肌のつややバストの張りを保ちたいとき。
閉経以後の骨密度の減少を予防したいとき。
膣の潤いが足りなくなって、性交痛があるとき。
性同一性障害で女性として生きることを選択したので、バストアップしたいとき。

ご使用方法

オエストロジェルは透明なジェルタイプのお薬です。
通常1日1回、適量(2g~3g)を手に取り、朝もしくは夕方の毎日同じ時間に、手首・外腕・肩または太ももの内側等に幅広く塗ります。
顔や粘膜、肌がかぶれやすい胸部や性器の周りには塗布しないでください。
その後塗布部分を十分に乾燥させてください。
お風呂上りの使用をお勧めいたします。
塗り忘れを防ぐために、携帯アプリやアラーム機能の活用をお勧めいたします。
塗り忘れた場合は、気づいたときにすぐ塗布してください。
ただし、次の塗布時間が近いからといって、2回分を一度に塗ることは絶対にしないでください。
思わぬ副作用が現われることがあります。

副作用

毎日同じ量(2g~3g)を塗ることが大切で、多く塗ることが決して良いわけではありません。

副作用

として、不正出血、胃痙攣、腹部膨満(胃がもたれる)、吐き気、嘔吐、脱毛、頭痛、感染症、腹痛、背痛、膣炎などが報告されています。
筋肉量が減少するため、極端な運動不足には注意が必要です。
皮脂の分泌が低下することで、乾燥肌になる方が多くいらっしゃいます。
化粧水や乳液・保湿クリームなどで十分なケアを行ってください。
乳房の発達により、胸(乳腺)の痛みや圧迫感を感じる場合は、胸が大きくなるサインです。
脂肪量が多い方は乳房の発達が著しいため注意が必要です。
オエストロジェルの成分と作用は?オエストロジェルの成分は女性ホルモンのエストラジオールです。
エストラジオールはエストロゲン(卵胞ホルモン)の中でももっとも女性ホルモンとしての活性が高い物質です。
エストロゲンは肝臓で分解されやすい物質ですが、オエストロジェルは肌にぬって吸収するので、女性ホルモンを効率的に補充できます。
エストラジオールを補うことで、閉経前後からはじまるホルモンバランスの急激な変化による自律神経失調(更年期障害)を緩和します。
中年からの体型の急激な変化をゆるやかにし、女性らしさをたもちます。
肌の衰え、骨密度の低下などをスローダウンします。
更年期障害にはどのような症状がありますか。
更年期障害はホルモンバランスの急激な変化による自律神経失調症です。
心身にさまざまな不調が生じるので「不定愁訴」と呼ばれた時代もありました。
とくによくみられる更年期障害の症状は次のようなものです。
不眠、不安感、いらいらのぼせ、突然の発汗、動悸頭痛、肩こり、手足の冷え肌の乾燥、かゆみ膣の潤い不足、性交痛不調がストレスになって、さらに症状がわるくなることが多い更年期障害の心身の不調は、どれも生命にかかわるような症状ではありません。
しかし、それがかえって夫や同僚など周囲の理解や協力が得られにくい理由になっています。
つらい症状とそれを理解してもらえないことがストレスになると、自律神経の失調はさらに悪化します。
内科などを受診しても「とくにどこも悪くありません」と言われることもあります。
更年期のホルモンバランスの変化に慣れるまでに、人によっては10年間近くかかるので、長期間心身の不調を抱えることになります。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.