オベリット30粒(ゼニカルジェネリック)は、オベリットは、メディカルダイエットとして病院で処方される代表的なゼニカルのジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

オベリットは、メディカルダイエットとして病院で処方される代表的なゼニカルのジェネリック医薬品です。有効成分であるオルリスタットは食事の脂肪分の約30%を吸収せず排出する作用があります。
有効成分:Orlistat(オーリスタット)60mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱56495649
2箱45059010
3箱405312159
5箱375518775

商品の詳細

オベリットは、肥満症の治療に用いられているお薬で、食物中の脂質の分解をさまたげるはたらきがあります。
国内では未発売ですが、ダイエットに効果的なお薬として有名な、「ゼニカル(Xenical)」のジェネリック医薬品です。
有効成分として「オルリスタット」が配合されており、リパーゼ阻害薬に分類されています。
脂肪を分解するはたらきのある「リパーゼ」という酵素を阻害することにより、脂肪の分解をさまたげて、脂質が吸収されるのをおさえます。
オベリットのはたらきとしては、「膵リパーゼ阻害作用」「脂肪吸収抑制作用」「肥満軽減作用」「コレステロール低下作用」「抗糖尿病作用」などがあります。
これらのはたらきが組み合わされることによって、体重を減少させて、肥満症の治療に効果を発揮すると考えられています。
これまで肥満症の治療に用いられてきたお薬としては、食欲抑制薬のサノレックス(マジンドール)があります。
脳内の視床下部にある摂食中枢にはたらきかけることで、食事を食べたいという気持ちをおさえ、食物の摂取量を減らします。
しかし、覚せい剤のアンフェタミンに似た構造を持っていることもあり、依存性があることや禁忌例が多いことから、積極的に用いられることはありませんでした。
オベリットは食欲に影響をあたえることなく、腸管からの脂肪吸収をおさえることができるため、肥満症患者からも非常に期待されているお薬です。
オベリットやゼニカルなどのオーリスタットを有効成分とするお薬は、国内では現在のところ販売されていません。
類薬であるオブリーン(有効成分:セチリスタット)においても、国内の武田薬品工業によって開発がすすめられていましたが、開発・製造・販売権を、導入元企業であるオランダのノルジーン社に2018年10月13日付で返却することが発表されています。
こちらは、専門家による検討会によって保険医療上の必要性が問われ、発売にいたらなかったと考えられています。

ご使用方法

成人ではオーリスタットとして1回60~120mgを1日3回、毎食直後に服用するようにしてください。
食事の最中もしくは食事の直後以外に服用した場合、期待した効果が発揮されないことがあります。
食事を撮らない場合や、食事中の脂肪分が少ない場合には、本剤を使用しなくても問題ありません。

副作用

下痢、脂肪便、排便回数の増加、おなかの張り、吐き気、かゆみなど重篤な肝機能障害など使用禁忌上の注意本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方、未成年者、高齢者(65歳以上)、妊婦・授乳婦、胆石症、慢性吸収不良症候群、熱帯性スプルー症候群、突発性脂肪便症、肝臓や腎臓の疾患がある方シクロスポリン、レボチロキシン、ワルファリン、抗てんかん薬、糖尿病治療薬、抗血栓薬など使用上の注意本剤の副作用として、下痢や脂肪便が高い確率であらわれることがわかっています。
長期的に使用する場合には、必要な栄養素の吸収に影響があることがあるので、専門家に相談するようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.