オムナコルチール(プレドニゾロン)10mgは、炎症やアレルギーを抑えるステロイド内服薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

炎症やアレルギーを抑えるステロイド内服薬です。外用薬では効果がない重症のアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー性の炎症に強い効果を発揮する他、リウマチや潰瘍性大腸炎など自己免疫系の炎症をしずめる効果があります。
有効成分:プレドニゾロン 10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱26802680
2箱15903180
3箱11933579
5箱8564280

商品の詳細

炎症やアレルギーを抑えるステロイド内服薬です。
外用薬では効果がない重症のアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー性の炎症に強い効果を発揮する他、リウマチや潰瘍性大腸炎など自己免疫系の炎症をしずめる効果があります。
日本ではオムナコルチールと同成分のお薬は、プレドニゾロン錠タケダ(武田薬品)、プレドニゾロン錠(旭化成)などがあります。
オムナコルチールは合成副腎脂質ホルモン剤(ステロイド剤)で、ステロイド外用薬では効果がない症状や病気の治療に使用されます。
アレルギー性の炎症や自己免疫系の炎症など、あらゆる炎症を抑える強力な効果があります。
オムナコルチールは、同じ合成副腎皮質ホルモンのコルチゾンやヒドロコルチゾンの3倍の抗炎症作用があると言われています。
オムナコルチールが使用されるのは、外用薬が無効な重症のアレルギー性の炎症(アトピー、アレルギー性鼻炎、ぜんそく、角膜炎など)、免疫系の炎症(関節リウマチ、ネフローゼ、潰瘍性大腸炎、膠原病)などです。
副腎皮質ホルモンの不足によって生じる慢性副腎不全(アジソン病)などの治療にも使用されます。

ご使用方法

目安として成人で1日に5~60㎎を1日に1~4回に分けて服用。
年齢や症状に合わせて用量を増減します。
服用し忘れた場合、それに気づいてから早めに1回分を服用するか、次回の服用時間が近い場合は次回まで待ちます。
しかし1回で2回分を服用してはいけません。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 月経異常、発疹、下痢、嘔吐、胸焼け、口の渇き、食欲の不振、腹部の膨らみ、胃の痛みなど。
副作用は上記に限りません。
先進の真菌症、消化性潰瘍、精神病、結核性疾患、緑内障、血栓症、急性心筋梗塞、後嚢白内障、単純疱疹角膜炎、などを患っている人または使用が禁止されています。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.