オメプラゾール40mgは、胃液の分泌をおさえて胃潰瘍や逆流性食道炎を治療する、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

胃液の分泌をおさえて胃潰瘍や逆流性食道炎を治療する、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるお薬です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療を進歩させた有名なお薬で、消化性潰瘍の第一選択薬として広く使用されています。
有効成分:オメプラゾール 40mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
2箱19903980
3箱15934779
5箱12566280

商品の詳細

胃液の分泌をおさえて胃潰瘍や逆流性食道炎を治療する、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるお薬です。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療を進歩させた有名なお薬で、消化性潰瘍の第一選択薬として広く使用されています。
国内で販売されているオメプラゾールを有効成分とするお薬には、オメプラゾール錠「トーワ」(東和薬品)、オメラップ錠(日医工)などがあります。
オメプラゾールは胃酸を分泌するプロトンポンプ作用を強力に抑えるお薬で、H2ブロッカーよりも強い制酸作用があります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療に使われる他、食べ過ぎによる胸やけをすばやく抑えます。
お薬の効果は服用後30分くらいで現れます。
ロキソニンなどの鎮痛剤(非ステロイド性抗炎症薬)による胃潰瘍にも効果があります。
鎮痛剤を処方されるときに「胃を荒らさないように」といっしょに処方されるのはこのお薬です。
また、オメプラゾールは胃がんの原因になるピロリ菌の除去にも使用されています。
この目的で使用するときは2種類の抗生物質と合わせて投与されます。

ご使用方法

目安として1日に1回20㎎を服用します。
症状によって1日10~40㎎を調整します。
子供の場合:体重が20KG以下の場合は1日1回10㎎、20KG以上の場合は1回20㎎を服用。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
服用をし忘れた場合は次回分から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。

副作用

使用上の注意吐き気、頭痛、発疹、便秘、下痢など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.