オルメテックジェネリック(オルメサルタン)20mgは、オルメテックのジェネリック薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

オルメテックのジェネリック薬です。血管の収縮や血液中の血液量増加を抑える高血圧症の治療薬!
有効成分:オルメサルタン 20mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
2箱16903380
3箱13273981
5箱9964980

商品の詳細

オルメテックとどう成分の有名な高血圧の治療薬のジェネリック薬です。
血管を広げて血流の血管抵抗を減らすとともに、血液の過剰な水分を減らして血圧を下げる効果があります。
オルメテックは、高血圧症を治療するお薬です。
血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)をおさえることで、血圧を低下させるはたらきがあります。
オルメテックは「アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)」とよばれる種類のお薬で、有効成分として「オルメサルタン メドキソミル」が配合されています。
オルメテックなどに代表されるARBは臓器保護作用などを持ち、強力な血圧低下作用を有しています。
副作用がほとんど無いことから、今日の高血圧治療において、第一選択薬として広く処方されています。
オルメテックは、服用開始後1 週間で降圧効果があらわれ、2週間以内に有意な降圧を示すことがわかっています。
さらに、4~8週間で最大効果に達することが確認されています。
オルメテックは服用後、主に小腸上皮においてエステラーゼによって加水分解を受け、活性代謝物であるオルメサルタンに変換されます。
血漿中にはほとんどオルメサルタンとして存在し、その強力なアンジオテンシンⅡ受容体拮抗作用によって、高い降圧作用を示します。
降圧剤としてはARB以外に、利尿剤(フルイトラン、セララなど)、β遮断薬(テノーミン、メインテートなど)、Ca拮抗薬(アムロジン、アテレックなど)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(レニベース、コバシルなど)、レニン阻害剤(ラジレス)などがあります。

ご使用方法

高血圧症 成人では、オルメサルタン メドキソミルとして10~20mgを、1 日1 回服用してください。
1日5~10mgから投与を開始し、年齢、症状によって適宜増減することが可能です。
(ただし、1日の最大投与量は40mgまでとしてください。
) 副作用・使用上の注意軽度の副作用 痒み、発疹、めまい、立ちくらみ、ふらつき感、眠気、頭痛、下痢、口の渇き、浮腫、頻尿など 重大な副作用 血管浮腫、腎不全、高カリウム血症、ショック、失神、意識消失、肝機能障害、血小板減少、低血糖、横紋筋融解症、アナフィラキシー、重度の下痢など 使用上の注意 全血液透析中、利尿降圧剤投与中、厳重な減塩療法中の方においては、一過性の血圧低下があらわれる場合があるので、十分に注意するようにしてください。
妊娠又は妊娠している可能性のある婦人、授乳婦については、本剤の使用は固く禁じられています。
血圧の低下によってめまいやふらつきが起こる可能性があるので、自動車の運転や危険な機械の操作などは、避けるようにしてください。
禁忌本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人、アリスキレンフマル酸塩を投与中の糖尿病患者 併用に注意しなくてはならない薬剤 カリウム保持性利尿剤(アルダクトンA、トリテレンなど) カリウム補給剤(スローケー、塩化カリウムなど) アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤(レニベース、コバシルなど) リーマス、ラジレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレンなど)など ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.