オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)は、中耳炎や扁桃腺炎などの感染症の治療に使う抗生物質です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

中耳炎や扁桃腺炎などの感染症の治療に使う抗生物質です。ペニシリン系のアモキシリンという抗生物質と、耐性菌の抗生物質への抵抗力を弱めるクラブラン酸という成分が配合されています。
有効成分:アモキシリン500mg+クラブラン酸125mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱35803580
2箱24404880
3箱19935979
5箱15767880

商品の詳細

中耳炎や扁桃腺炎などの感染症の治療に使う抗生物質です。
ペニシリン系のアモキシリンという抗生物質と、耐性菌の抗生物質への抵抗力を弱めるクラブラン酸という成分が配合されています。
オーグメンチンは、感染症などの病気の原因となる、細菌を殺すお薬です。
「β-ラクタマーゼ阻害薬配合剤」という分類のお薬で、有効成分としてアモキシリン500mg+クラブラン酸125mgを含有しています。
細菌の細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあり、細菌の産生する酵素によって薬が分解されないように、その酵素を阻害する成分も含んでいます。
医療用医薬品でも「オーグメンチン配合錠250RS」などの名称で用いられている、ペニシリン系抗生物質の一種です。
オーグメンチンには「アモキシシリン」「クラブラン酸カリウム」の2つの成分が含まれています。
アモキシシリンは合成ペニシリンで、グラム陽性菌、陰性菌の細胞壁合成を阻害し殺菌的な抗菌力を示します。
しかし、汎用されていくうちに、耐性菌の増加問題となりつつあるのです。
細菌はβ-lactamaseという酵素をを産生して、薬剤を加水分解してしまいます。
クラブラン酸カリウムはβ-lactamaseを阻害する効果があり、アモキシシリンの分解を防ぐことが出来るのです。
クラブラン酸カリウム自体にも細胞壁合成阻害による殺菌作用はあるのですが、抗菌力は弱く、単独で臨床使用することは困難であるとされています。
オーグメンチンでは、これら両剤の協力作用により、相乗的に増大した抗菌作用を発揮するのです。
本剤の適応菌種・適応症および用法用量は、下記の通りです。
適応菌種: 本剤に感性のブドウ球菌属、淋菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属、インフルエンザ菌、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く) 適応症: 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、子宮内感染、子宮付属器炎、中耳炎使用方法アモキシシリンとして1回250mg、1日3~4回(6~8時間ごと)に分けて服用してください。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。
副作用・使用上の注意副作用としては「消化器症状(悪心、嘔吐、下痢、軟便、腹痛など)、皮膚症状(発疹、蕁麻疹など)、肝機能検査値異常(AST(GOT)、ALT(GPT)上昇など)、血液検査異常、浮腫、頭痛などが報告されています。
特に、重大な副作用としては「ショック、アナフィラキシー、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、間質性肺炎、好酸球性肺炎、急性腎障害、肝障害」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
禁忌は「本剤の成分に対しショックの既往歴のある患者、伝染性単核症のある患者、本剤の成分による黄疸又は肝機能障害の既往歴のある患者」とされています。
高齢者では生理機能が低下していることが多く、副作用が発現しやすいことがわかっています。
また、高齢者ではビタミンK欠乏による出血傾向があらわれることがあるので、服用する際には注意をするようにしてください。
プロベネシド、ワルファリン、経口避妊薬、ミコフェノール酸モフェチルを服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので、服用する際には医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) このお薬では、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人に対しての投与において、安全性が確立していません。
胎児に対する影響がある恐れもあるので、服用する際には医師の判断を仰ぐようにして下さい。
授乳婦についても、成分が母乳に移行する可能性があるので、授乳を控えるようにして下さい。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.