カブゴリン(カベルゴリン)0.25mgは、カブゴリンはサンファーマ社が開発したパーキンソン病治療薬であり、日本ではカバサールやカベルゴリンとして販売されているお薬と同じ有効成分を配合しています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

カブゴリンはサンファーマ社が開発したパーキンソン病治療薬であり、日本ではカバサールやカベルゴリンとして販売されているお薬と同じ有効成分を配合しています。パーキンソン病以外に、プロラクチン過剰分泌症に効果が期待されます。
有効成分:カベルゴリン0.25mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱35803580
2箱23904780
3箱19605880
5箱15767880

商品の詳細

プロラクチン過剰分泌症の治療薬!高プロラクチン血性排卵障害、乳汁漏出症、産褥性乳汁分泌抑制、高プロラクチン血性下垂体腺腫など様々な疾患に効果あり!
ドーパミン受容体に作用して、抗パーキンソン薬としても効果あり!
同じ有効成分が配合されている薬剤は、日本ではカバサール、カベルゴリンという商品名で扱われています。
女性の妊娠や授乳に関与していると言われているホルモンの1つが「プロラクチン」です。
妊娠期はプロラクチンの働きで乳腺が発達します。
妊娠を維持させるために黄体ホルモンを刺激して、女性ホルモンの分泌を促すなど、女性が出産するための準備を整えてくれるホルモンです。
また、授乳期は母乳の分泌を促し、母性的な行動に影響を与えるとも言われています。
通常は授乳が終わるタイミングでプロラクチンの値も低くなっていきます。
しかし、授乳が終わってもプロラクチンの値が高かったり、過剰に分泌される「高プロラクチン血症」と呼ばれる状態に陥ってしまう場合があります。
プロラクチンは妊娠や授乳をサポートするホルモンなので、このホルモンの値が高いと月経や排卵は抑制されます。
生理周期が乱れ、妊娠する確率も下がり、出産していないのに母乳が出ることもあります。
プロラクチンは元々過剰に生成されるような仕組みになっており、ちょうど良い量になるように視床下部から分泌されるドーパミンによって調整されていますが、高プロラクチン血症はこの調整機能が破綻しています。
その機能を回復してくれるのが有効成分カベルゴリンです。
これはドーパミンに直接作用して、プロラクチンの分泌を抑えてくれます。
また、プロラクチンが中枢神経の黒質線条体で働くと、パーキンソンの治療薬となります。
そのため、日本では抗パーキンソン薬としても使用されています。
使用方 通常、成人の場合は1週間に1回(同じ曜日)、就寝前に服用。
1回あたり0.25㎎から開始し、症状をみながら最低2週間は空けて、1回0.25㎎ずつ増量。
維持量は0.25~0.75㎎ 1回の最大量は1.0㎎ 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 吐き気、下痢、便秘、むかつき、めまい、頭痛、ふらつき、いらいらなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.