カルデュラ(メシル酸ドキサゾシン)4mgは、糖尿病や脂質異常を併発している人向けの高血圧症治療薬で、前立腺肥大による排尿障害の治療にも使用されます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

糖尿病や脂質異常を併発している人向けの高血圧症治療薬で、前立腺肥大による排尿障害の治療にも使用されます。前立腺肥大になると頻尿や尿意切迫、排尿困難など様々な症状が出ます。
有効成分:メシル酸ドキサゾシン 4mg


商品の詳細

高血圧のお薬です。
とくに糖尿病や脂質異常を併発している人に向くお薬です。
前立腺肥大による排尿障害の治療にも使用されます。
日本ではカルデュラと同じメシル酸ドキサゾシンを有効成分とするお薬として、カルデナリン錠0.5mg(ファイザー社)、ドキサゾシン錠0.5mgタナベ(田辺製薬)が販売されています。
高血圧は生活習慣病の1つとされ食塩の摂り過ぎが原因の1つですが、多くの場合は原因が不明です。
自覚症状はほとんどありませんが、高血圧を放置すると動脈硬化が進んで将来脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクが高くなります。
とくに高血糖や脂質異常を併発していると動脈硬化の進行が早くなります。
カルデュラはα遮断薬に属する降圧剤で、自律神経の交感神経に作用して血管平滑筋の緊張をゆるめて血管を広げる作用があります。
とくに夜間高血圧や早朝高血圧を予防する効果が高いお薬です。
コレステロール値を下げる効果もあるので、脂質異常、肥満、糖尿病を併発している場合によく使用されます。
尿道平滑筋をゆるめる作用があるので前立腺肥大による排尿障害の改善にも有効です。
お薬の作用時間が長く、1日1回の服用で効果が持続します。

ご使用方法

高血圧の治療:成人で1日1㎎から開始し、立位血圧反応にあわせて2㎎まで増量します。
その後については目標血圧に到達するまで必要なら4,8,16㎎まで増量します。
前立腺肥大症の治療:初期は1日1㎎を朝か夜に服用します。
状態により2㎎まで増量し、その後については1回当たり4,8㎎まで増量します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、LDHの上昇、めまい、低血圧、動悸、火照り、頻脈、頭痛、胸痛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.