カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mgは、血圧の上昇によって病状が悪化する心不全や糖尿病腎症にも使用する高血圧治療薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

血圧の上昇によって病状が悪化する心不全や糖尿病腎症にも使用する高血圧治療薬
有効成分:イルベサルタン150mg + ハイドロクロロシアザイド12.5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
2箱20404080
3箱15934779
5箱12966480

商品の詳細

高血圧のお薬です。
血管を広げて血圧を下げる作用があります。
血圧の上昇によって病状が悪化する心不全や糖尿病腎症にも使用されます。
日本ではカルベジドと同じ成分のお薬として、アバプロ錠(大日本住友製薬)、イルベタン錠(塩野義製薬)が販売されています。
高血圧は日本の国民病と言われる病気で、潜在患者を含めると4000万人が発症していると推定されています。
この中で病院で治療を受けているのは1000万人あまりで、自覚症状がないことから放置されがちです。
しかし、血圧が高い状態が長く続くと動脈硬化が進行して、脳梗塞や心筋梗塞をおこすリスクが高くなります。
長生きするためには適切な血圧コントロールが必要です。
カルベジドは血管を収縮させるアンジオテンシンⅡという物質の作用をおさえることで、血管を広げて血圧を下げます。
降圧剤ではもっともよく使用されているACE阻害薬に属するお薬です。

副作用

が少なく、1日1回の服用で済みます。
高血圧は心臓や腎臓に負担をかけるので、カルベジドは心不全や糖尿病腎症がある人の降圧剤としてよく用いられています。

ご使用方法

成人で1日に1-2錠を服用します。
症状により1,2週間してから服用量を2-4倍に増量可能です。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 じんましん、低血圧、めまい、頭痛、動悸、ねむけ、しびれ、もうろう、頻脈など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.