カルロック(カルベジドール)12.5mgは、カルベジドール12.5mg配合

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

カルベジドール12.5mg配合。高血圧や狭心症、慢性心不全に効果
有効成分:カルベジドール12.5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
2箱20404080
3箱15934779
5箱12566280

商品の詳細

カルロックという医薬品は、12.5mgの製法となり、高血圧や狭心症、慢性の心不全の治療薬として代表的な薬となっています!心臓の機能の低下が起こってしまうと、身体の臓器に十分な栄養や血液、酸素を送ることが困難になってしまいます。
このような狭心症の症状に効果的な医薬品がカルロックとなります。
カルロックは、カルベジロールという有効成分が配合されていることから、交感神経のα1受容体と心臓にあるβ受容体の両方にはたらきかけ、冠動脈のトラブルを防ぐ効果があります!心拍の異常なスピードを抑え、心臓を休ませるはたらきがあるため、狭心症に悩む患者さんの多くの方たちに用いられ、医療機関でもその効果が大きく支持されています。
血管を広げる作用もあることから、狭心症を含め高血圧や心不全の治療にも用いられることが多く、医薬品には多くありがちな副作用が比較的少ないことも大きな特徴となっています。
αβ遮断薬という種類に分けられ、αの遮断作用は広がってしまった血管を収縮し、血圧を下げるはたらきがあります。
βの遮断作用は、心臓の拍動を抑えながら狭心症や心不全の症状を改善することができます。
世界各国でも用いられている医薬品で、その機能の高さも評価されています。
狭心症や心不全、高血圧にはいろいろな医薬品が取り入れられていますが、第一三共のアーチスト、東和薬品のアニスト、沢井製薬のアーチワンなどと比較すると、カルロックは少量の服用で効果が長時間持続することがリサーチ結果で明らかになっています。
他の医薬品と併用する場合には、用量を調整したり、処方を受けた医院にて医師や薬剤師の方による指示をきちんと守り、正しく服用することが大切です。
血液検査や心電図の検査を定期的に受けることで、カルロックの効用や健康状態を知ることができるため、このようなことを忘れずに行いましょう。
第一三共からはアーチスト、東和薬品からはアニストという名称での販売があるなか、比較をすると少ない用量でも十分な効果を得ることができ、大きな特徴となっています。

ご使用方法

高血圧の場合:成人で、1日2回、1回12.5㎎を服用します。
服用開始の二日後に1日25㎎まで増量。
高齢者は1日12.5㎎まで。
慢性心不全の場合:成人で、1日2回、1回1錠を食事と一緒に服用し、2週間続けます。
1回あたりの最大服用量が1回25㎎、1日に2回の服用に至るまで、週週間をかけて少しずつ増量。
体重が80kg以上の場合、最大の服用量は1日2回、1回当たり50㎎です。
狭心症の場合:成人で1日2回、1回当たり12.5㎎を服用し、二日間継続し、その後1回25㎎に増量。
高齢者の場合は目安として1日の最大服用量は50㎎を分けて服用。
服用中止には1,2週間かけて徐々に行い、医師の指示のもと行います。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 発疹、低血圧、徐脈、血圧の上昇、顔面の紅潮、不眠、席、めまい、頭痛、息切れなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.