カレラ(ゴーヤ・ニガウリ)は、カレラ(Karela)とはニガウリ(ゴーヤ)ですが、当サプリメントは栄養豊富なゴーヤの栄養素を凝縮した、ヒマラヤ社が誇る人気のダイエット系サプリメントです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

カレラ(Karela)とはニガウリ(ゴーヤ)ですが、当サプリメントは栄養豊富なゴーヤの栄養素を凝縮した、ヒマラヤ社が誇る人気のダイエット系サプリメントです。
有効成分:ビターメロン、ゴーヤ(ニガウリ)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱24802480
2箱14402880
3箱11273381
5箱8364180
10箱6186180

商品の詳細

カレラ(Karela)とはニガウリ(ゴーヤ)ですが、当サプリメントは栄養豊富なゴーヤの栄養素を凝縮した、ヒマラヤ社が誇る人気のダイエット系サプリメントです。
ゴーヤは『定期的に食べるだけで痩せる』と言うと大げさかもしれませんが、体重や血糖値が気になる方には健康メリットに長けた食材です。
血糖値の上昇や肥満、メタボなどは様々な生活習慣病の原因で、男性では男性機能への悪影響にもなります。
ゴーヤは健康に良いとご存じの方は多いですが、苦みが強いため定期的に食べるのは気が引ける方も多いでしょう。
そういった方におすすめのインドサプリメントがカレラ(ゴーヤ・ニガウリ)で1箱に60錠入りで非常に経済的です。
アーユルヴェーダはインドで5000年以上の長い歴史を持つ伝統的な医学療法です。
予防医学に重点をおいた療法であるため、病気や症状を改善するだけではなく病気の根本的な原因の除去・予防、慢性化の防止、更に健康や美容の維持が期待できます。
また、アーユルヴェーダに基づき行われる治療は全て天然成分であるため、一般的な医薬品と比較すると身体に優しく安全性が極めて高いです。
インドの有名サプリメントメーカーであるヒマラヤ社はアーユルヴェーダに基づいた天然ハーブ・サプリメントを製造しています。
それらは全て、多岐に渡る症状や悩みの改善・予防、美容や健康の維持・より良くするための天然成分を厳選して配合されています。
ヒマラヤ社が販売する「カレラ」には有効成分としてカレラエキス250mgが含まれています。
カレラはインド語でゴーヤ(にがうり)を意味します。
日本では馴染み深い野菜ですが、インドでは薬草として種や果実が多く利用されています。
ゴーヤには血糖値の上昇を抑制する効果があるため肥満や糖尿病の改善・予防が期待できます。
また、心臓・血管・膵臓などの内臓の機能をサポートしたり肝臓を保護する効果も期待できます。
ゴーヤを毎日一定量を食べ続けることは中々難しいですが、このサプリメントにはゴーヤの栄養素が凝縮しているため気軽にたっぷりゴーヤを摂取することが可能です。
ゴーヤにはこのようなメリットがあります。
血糖値の上昇を緩和し、血糖値コントロールをサポート 心臓や血管の健康や体力、体重のコントロールをサポート 膵臓(すいぞう)機能をサポート 肝臓を活性酸素など老化の原因フリーラジカルから保護する苦みを感じずに、日々の食生活に『ゴーヤ・ニガウリ』を取り入れてみませんか? ヒマラヤ商品の売上ランキングもご参考に!
・ランキングはこちら>> カレラ(ゴーヤ・ニガウリ)はこんな人が使用していますダイエットをしている人。
血糖値が高めな方、糖尿病またはその予備軍で、食生活で血糖値コントロールをしなければいけない人。
肥満気味でメタボリックシンドロームを予防したいと思っている人。
食生活で生活習慣病を予防しようと思う人のサプリメントとして。
多忙や日々の食生活が原因で太り気味や男性機能の悩みを持つ男性。

ご使用方法

カレラを通常成人は1回1錠を1日2回朝晩に服用します。
長期間継続的に服用することで効果が発揮されていくので、飲み忘れのないようにしっかり毎日続けて服用を続けることを推奨します。
服用タイミングはいつでも構いません。
カレラは野菜を元としたサプリメントなので副作用は特にありませんが、万が一カレラ服用後に何らかの身体の異常をきたしたら服用を中止してすぐ受診してください。
食物アレルギーなどのアレルギー体質の方やサプリメントを服用して副作用が発現したことがある方はカレラの服用に慎重な注意が必要です。
また、妊娠中・授乳中の方は禁忌ではありませんがカレラの服用を開始する前に医師に相談してください。
併用禁忌の薬剤やサプリメントはありませんが、何らかの疾患で服薬治療中の方もカレラを服用する際は念のため医師か薬剤師に相談してください。
食後の血糖値の急激な上昇を防ぐには、食物繊維を含む食品や野菜を先に食べて、炭水化物はいちばん後に食べるのが効果的です。
白米、うどん、白い食パンなどは血糖値を上げやすい炭水化物で、控えめにして食物繊維の多い「玄米」や小麦の全粒粉で作られたパンなどに変えるのも良いです。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.