カンピシシリン(アンピシリン)250mgは、代表的なβラクタム系抗生物質にはペニシリンがありますが、カンピシシリン(アンピシリン)250mgはペニシリンを改良し、幅広い細菌に対して効果が期待されているお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

代表的なβラクタム系抗生物質にはペニシリンがありますが、カンピシシリン(アンピシリン)250mgはペニシリンを改良し、幅広い細菌に対して効果が期待されているお薬です!
有効成分:アンピシリン250mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱37593759
2箱21954390
3箱18835649
5箱15927960

商品の詳細

カンピシシリン(アンピシリン)250mgはβラクタム系の抗生物質の1つ!
代表的なβラクタム系抗生物質にはペニシリンがありますが、カンピシシリン(アンピシリン)250mgはペニシリンを改良し、幅広い細菌に対して効果が期待されているお薬です!
日本で販売されているアンピシリンを主成分とした薬剤としては、ビクシリンカプセル、ソルシリンが挙げられます。
細菌はその体の構造上、細胞壁で体が覆われています。
この細胞壁は、外からの水分が入り込みすぎて体が破裂することを防いでおり、それによって細胞は自分の形状を保つことが出来ています。
また、細胞壁は細胞分裂の際にも重要な役割を果たしており、細菌が成長する過程で欠かせない物となっています。
βラクタム系抗生物質は、この細胞壁を破壊する役割を持っています。
具体的には細胞壁が合成される過程を阻害するため、新しい細胞壁が作られなくなったり、細胞壁が薄くなったりします。
すると細胞は分裂を行うことが出来ず、成長が阻害されます。
また、細胞壁が薄くなると浸透圧の差で外の水分が体内に侵入してくるので、最終的に細菌自体が破裂してしまいます。
このようにβラクタム系抗生物質は、細菌の成長を阻害し、死滅させる役割を担っているのです。
世界で最初に発見されたβラクタム抗生物質はペニシリンです。
しかし、ペニシリンはブドウ球菌を代表とするグラム陽性菌には高い効果を発揮しても、大腸菌を代表とするグラム陰性菌には効果が薄いことが指摘されていました。
この弱点をカバーしたのがアンピシリンです。
アンピシリンは、ペニシリンがカバーすることが出来なかった大腸菌にも有効性を発揮してくれます。
それだけではなく、赤痢菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌など様々な細菌に対して効果が期待されることが分かっています。

ご使用方法

目安として成人で、1回当たり250~500mgを1日に4~6回服用します。
症状や年齢に応じて服用量を増減します。
使用をし忘れた場合はすぐに1回分を使用し、次回の使用時間が近い場合は次回から服用し、一度に2回分を使用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意じんましん、発疹、発熱、貧血、下痢、嘔吐、食欲不振など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.