ガスタージェネリック(ファモチジン)20mgは、消化性潰瘍の胃潰瘍などの治療薬ガスターのジェネリック薬で、低価格で購入できます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

消化性潰瘍の胃潰瘍などの治療薬ガスターのジェネリック薬で、低価格で購入できます。胃で過剰に分泌される胃炎から胃壁を守ることで胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などを改善します。
有効成分:Famotidine(ファモチジン)

セット数1箱あたり通常価格  
1箱18801880
5箱5762880
10箱3183180
20箱1893780

商品の詳細

ファモチジン成分配合のガスター錠は、胃炎や胃潰瘍の治療に用いるお薬で胃酸分泌を抑制する効果があります。
当医薬品は有効成分ファモチジン20mgを含有する胃腸薬です。
一般的には「ガスター」という名前で広く認知されていますが、ファモチジンはガスターのジェネリック医薬品です。
ガスターと全く同じ成分・効果でありながら安価でお得です。
ファモチジンは胃酸の分泌を抑制する作用から、主に胃炎や胃・十二指腸潰瘍といった胃腸疾患の治療や胃もたれ・胸焼け・胃痛といった胃の不調の治療に世界中で非常に多く使用されています。
pH1~2の強酸性である胃酸は胃腸に侵入してきたばい菌を殺菌するという重要な役割を果たしています。
胃酸には刺激性があるため、普段は胃粘膜が胃を防御しています。
しかし、胃粘膜の防御機能が弱まると胃酸は胃粘膜を荒らすようになり、胃炎や胃潰瘍などの胃腸疾患を引き起こしてしまうのです。
ファモチジンは薬学的にはヒスタミン受容体(H2)拮抗薬と呼ばれています。
体内の肥満細胞で生成されるヒスタミンは炎症、アレルギー反応、胃酸分泌、神経伝達に大きく関与する生理活性物質で、ヒスタミンが胃壁細胞にあるH2受容体に結合すると胃酸が分泌されるようになっています。
ファモチジンはこのH2受容体を選択的に遮断することで胃酸の分泌を抑制し、胃酸による胃粘膜への刺激を弱めます。
H2受容体拮抗薬の登場によって、手術するしかなかった胃潰瘍の治療が薬物療法のみで可能になったため消化器科領域の治療が大きく向上しました。
近年ではファモチジンなどのH2受容体拮抗薬より強力な胃酸分泌作用を持つ「プロトンポンプ阻害薬」が登場しましたが、それでも現在でも非常に多く使用されています。
ファモチジンは胃・十二指腸潰瘍といった消化器系潰瘍、潰瘍や出血性胃炎による上部消化管出血、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)に適応がありますが、強い抗ヒスタミン作用から膵炎や蕁麻疹など別の疾患に応用的に使用されることもあります。

ご使用方法

消化器系潰瘍、上部消化管出血、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群に対する治療の場合、ファモチジンを通常成人は1回20mgを1日2回朝晩に服用しますが、1回40mgを1日1回就寝前の服用でも構いません。
胃粘膜病変の場合、ファモチジンを通常成人は1回10mgを1日2回朝晩に服用しますが、1回20mgを1日1回就寝前の服用でも構いません。
いずれの場合も年齢や症状によって適宜増減します。
尚、夜間の胃酸分泌による潰瘍生成を予防するために夕食後や就寝前など夜間の服用が推奨されています。
ファモチジンは潰瘍に対して高い効果を発揮しますが、急に服用を中止すると胃酸分泌が反動的に増加して潰瘍が再発してしまう恐れがあることに注意が必要です。
潰瘍治療の場合は症状が改善した後も再発予防のために医師の判断でファモチジン少量の服用を続けることが多いです。
自己判断での急な中止は避けてください。

副作用

使用上の注意ファモチジンの副作用は少なく安全性が高い薬ですが、便秘、下痢、発疹、肝機能値の異常、乳首の腫れや痛み、生理不順、眠気、頭痛、めまい、倦怠感などの症状が報告されています。
また、滅多に起こりませんが重大な副作用として不安感・混乱・幻覚・けいれんなどの重い精神神経症状、血液障害、肝障害、腎障害、皮膚粘膜障害、重い不整脈、横紋筋融解症、間質性肺炎などが挙げられるので念のため注意してください。
腎障害、肝臓病、心臓病、高齢者、薬でアレルギーを起こしたことがある方はファモチジンの服用に慎重な注意が必要です。
ファモチジンとの併用禁忌薬は特にありませんが、胃酸が減少するという作用によって併用薬の吸収に影響を及ぼす可能性があります。
何らかの疾患で薬を服用している方はファモチジンの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.