ガスタージェネリック(ファモチジン)40mgは、ガスターはヒスタミンH2ブロッカーに属するお薬で胃炎の過剰分泌が原因で起こる消化性潰瘍の治療薬として有名です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ガスターはヒスタミンH2ブロッカーに属するお薬で胃炎の過剰分泌が原因で起こる消化性潰瘍の治療薬として有名です。胃で過剰に分泌される胃炎から胃壁を守ることで胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などを改善します。



セット数1箱あたり通常価格  
1箱18801880
5箱5962980
10箱3283280
20箱1993980

商品の詳細

「ガスター」で有名なファモチジンはH2ブロッカーに分類されるお薬で、胃酸の分泌を強力におさえる作用があります。
過剰な胃酸の分泌を抑えることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬として汎用されています。
胃腸薬の中でも胃痛や胸やけ、胃もたれやむかつきによく効きます。
国内では1988年に承認・販売され、開発当初は医療用医薬品として病院やクリニックで処方されるお薬でした。
その後スイッチOTCに指定され、ドラッグストアなどで購入が可能な一般用医薬品としても販売されています。
ファモチジンは胃粘膜のヒスタミン受容体をブロックすることで、胃酸の分泌をおさえます。
胃酸による胃粘膜への刺激を減らすことで、胃潰瘍だけではなく逆流性食道炎、吻合部潰瘍(胃切除手術後につなぎ合わせた部分にできる腫瘍)、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)にも効果が認められています。
ファモチジンが販売されて以降、消化管潰瘍の治療には第一選択薬として汎用されています。
錠剤以外に注射剤やOD(口腔内崩壊)錠、粉薬の剤形もあります。

副作用

の発現は比較的少ないとされています。
また、医師の判断で蕁麻疹(じんましん)や膵炎の治療に応用されることもあります。
蕁麻疹はヒスタミンというアレルギー物質が原因となるため、H2受容体ブロッカーであるファモチジンがアレルギー反応に関与するヒスタミンの働きを抑え、蕁麻疹の諸症状を和らげます。
また、膵炎では腸内に残る胃酸を抑えることで消化酵素薬の働きがよくなり、膵炎の治療を助ける作用があります。
国内でも多数のジェネリックが販売されておりますが、ガスタージェネリックはインドのインスタ・ファーマ社が開発したジェネリック医薬品です。
国内で流通されているガスターと同じ有効成分を配合しており、同じ効能効果を発揮します。
国際的製薬基準やインド国内のガイドラインに準拠しており、お薬の品質はお墨付きです。

ご使用方法

国内では二通りの服用方法があります。
一般的なのは1日2回飲む方法で、1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)服用します。
ガスタージェネリックは1錠40mgのため、ピルカッターなどで半錠に割って服用いただきます。
もう一つの服用方法は1日1回飲む方法で、1回40mgを1日1回、就寝前に服用します。
いずれも1度服用した後は、8時間以上空けて服用するようにしてください。
服用して3日経過しても症状がよくならない場合は、他のお薬への変更を検討してください。

副作用

使用上の注意国内の臨床試験の結果、副作用として不安感や無気力感、混乱や幻覚、けいれんなど精神神経障害が報告されています。
稀な副作用として、白血球や血小板が減少する血液障害も報告されています。
その他に、便秘の副作用が多く報告されています。
症状が重い場合は服用を中止して医療機関を受診してください。
妊娠中の方、授乳中の方は原則服用ができません。
未成年の方の安全性は確立されていないため服用を控えてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.